今ひとつ潤いにかけることは覚悟と諦めで乗り切るのが基本だったしこれからもそのままで行くつもりなんだけど
傍から見れば何てことはない出来事でふいにボリュームがMAXになってしまう事が私にもあったんだとただただ驚いています(挨拶
... 続きを読む