2006.10.11 ファントム
気の利いた書き出しが思い浮かばない今日この頃
マビへの身の入らなさもいよいよ本格的になって来ました。
これはむしろもしかして、
かの地での尻尾斬り士として再誕の伏線なのでしょうか(挨拶
... 続きを読む