2009.05.30 こぼれ話
祭りの跡が私には見える

サーオィンな今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
出だしもぐずぐずになってきましたが気にせず参りましょう(挨拶
思い付いている間に忘れてなるものかと流れ無視でお届けするシリーズ!
今回はMML作成の、真奈屋のスタート地点・前提条件のお話。

幼稚園時代にとある鍵盤楽器教室的な物に通い
小学校からは先生宅による同教室に通っていた。
が、小学校低学年の時点で先生の一身上の都合、寿的な意味で
により教室は終了。
親から大手楽器メーカー的な教室で続けるか否か問われ否と即答。

嫌々通う習い事でもいつか役立つときが来るとよく言うが
半端な短さで終われば後味の悪さばかり残る。
五線譜も真ん中の?下のドから上のドくらいを読みとるのがせいぜい
長調?何それ。
中学時代も良い音楽教師に恵まれず特に興味が出たことはなかった。

そんなこんなでMMLどころか音楽にも明るくない真奈屋でした
和音攻略の為にと購入したキーボードもよく見ずアマゾンしたら膝上に収まらないサイズで全然使わなかったのも良い思い出。61鍵盤。
当然昔取れてない杵柄だからふつうに弾くこともままならないぞ!
余計に重要だったのは精神面
諦めず・出来に悲観せず・前だけを目指す
それでも自分だけでは踏み切れなかった・空回りしていたはずだ。
スタートを切ることが出来たのは某MML講座のおかげだったのは言わずもがな
カルピスのくせに人前で演奏するという度胸をくれたのはブロ集の経験
終わってみればブロガーとしての集大成でした。

もちろんそんな大した出来じゃなかった
もっと上達出来るという感触がありつつも終わりであることや
今後このスキルが生きるようなことが無いであろうこと
色々思うところはある。
MMLはともかくその行動力だけは引継でいきたいね。

時折MML作れる人募集なんていう他力本願なスレを公式で見かけるたび残念な気持ちになる。
まあ言わんとすることは分かる
自分では到底作れないという認識なんだよね。
さあそこから一歩踏み出して
到底作れない自分でも作る為にはどうしたらいいか情報収集をはじめようか。
話はそれからだ。
本気で向かえばきっと自分には無理と思えてたレベルの曲が出来る
これから行く人には更にその先の先へと進んで欲しい、センキュー
Secret

TrackBackURL
→http://manayahonpo.blog48.fc2.com/tb.php/1256-30717299