2010.02.21 Vagabond
心の目で見るんだ

夜更かしの翌日空腹で目覚める今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
その後理想的な二度寝というものを初めて出来たことは言うまでもありません(挨拶
転生は計画的に

いつからインフレってるのか知らないけど
とにかくデフレっぽい時期に買い漁ってたからMOM売りで適当に稼げそうな真奈屋です、こんにちは。
いやまあ売らないけどね
なんせ引退するってのに抱え込んだままだったくらいだしな!
図らずも里帰り(笑)時に着る物に困らない訳だが
戻るために残しておいたんだろうどうせというツッコミは甘んじて受け止めよう。
誰も突っ込んでくれないけどな!

ぶっちゃけると今後はセカンドで演奏みたいなつもりだったのにうっかり18歳になってしまった為
今すぐベストウェイト=14歳になれるという理由から本キャラカムバックでした。
ただし剣士ロングが着れない
初心者スカード姿が心のどこかにぐさぐさ刺さっていたい
ええい衣装を持てい!とペットをがさごそしていった所最初にしっくり来たのがこれだったから、
なんだけどね。長い。
同色の剣士ショートについてはパンチラ被害という会場汚染が起きるからね
マビキャラのおパンツくらいどうってことない真奈屋ですが
そこはほら、真奈屋キャラのそれじゃ皆様には公害だもんね
ソロD時くらいしか着ませんよ。

剣士ロングから逆引きキャラメイクしただけあって他の衣装の似合わなさが異常なので
無理して着ちゃってる感というジャンルが成り立つメイドロングなんだよね。
うん、期間限定ツインダウンバインド美少女モードに合わせた色に変更したままでもう2度と着れないくらいの似合わなさが日常茶飯事なんだよね。
そして真カルピス=使用キャラ固定する必要もないってことで
似合わなければ似合うキャラに着せればいいじゃないと倉庫を彩るのであった。
それもまたファンタジー、そしてライフ。
これも割と露店店番キャラのもの、更にそのお下がりでした。




心の線で一筆書き

デジャブー



セット、レディー・・・!

何の気なしに購入していたミラーなんとかはこの時のためだったんだよ!!1



無改造がなんぼのもんじゃい

とおもむろにFHで返り血を浴びる真奈屋です。



おまけでやられたのでは褐色ヒグマもたまったものではない

狩りによって服が黒く染まっていくとか
STR上げると腕がマッチョになるとか
そういう要素があると何でもかんでもスキル上げた方が得感が薄れてむしろマビノギらしい
と思うのは私くらいでいい。



例文登録テストはキャラを選ばない

アイキャッチ



声出していこうぜ

そんなこんなで
昨晩は盛で行われた演奏会にお邪魔してきました。



この会でトップバッターを狙うのは至難の業である

演奏会場に現れる=新曲を披露する縛りで辛うじてバランスを保つ真奈屋なので
やはり並んだんだと思います。定かではない。

それはそうと1年ぶりくらいの地上開催・名司会コンビ復活でしたね
え、後からとってつけたような一文だって?
後からとってつけたんだから仕方がない。
来月からはいよいよダンバに帰還だそうですよ
詳細は恒例の約1週間前公式プレ板告知を参照のこと。



図らずも5人合奏まで膨れあがらなかったことで皮一枚生き残ったぜ

未だかつて無いお手伝い危機に見舞われたけど全然余裕でした。
何のことはない、出張の身ならよくあること、あることさ・・・
あ、ここホームだった(吐血
とはいえ人脈ゼロ、危険人物臭etc的に全然疎外感でした。だがそれくらいで引き下がらない。

盛の印象としては
ほとんどの方が合奏メンバーを確保した上でって感じで
今回はお手伝いに明るい人がたまたま少なかったのかな。
盛の印象とかいう表現自体私がジモッティーでない証なのだが、
まあそういう前哨戦の辛さもありキホのが落ち着けます、ぶっちゃけ。
ただそれでキホの演奏会のみにしてしまうと
演奏会オンリーな現在実質の移住になってしまう。
それではありとあらゆる意味で申し訳ないということで盛は外せない
なんてのは一時の感情で、
終わってみれば盛には盛にしかない楽しさがあり
私が自分で巻いた苦難を乗り越えればそれでいい問題だ。

ただひとつ思うのは
合奏メンバーを確保できないという理由で参加をためらっている方がいるならばそれは大変もったいないことだ。
司会者様方を総動員してでもやりきってみせるという気概で乗り切るといいよ!
私みたいに(鬱
実際過去に一度限りなくそれに近い状況でお手伝い頂いたぜ!
それでも出場をやめないんだぜ?案外丈夫に出来てるだろ、へへっ
へへ、へ・・・
自虐ネタの域を超える真顔展開はこのくらいにして、と



証拠っぽいSSなんだぜ

結局途中で諦めた2次会用の曲にいろいろと持って行かれるという不祥事があったものの
そもそも期待されていない真奈屋なのでそこそこの出来だったようです。
ぱちぱち以外の感想とかつぶやかれると軽く嬉し死ねます(照
ほら、普段いかに苦境をやり過ごすかのイメージトレーニングしかしてないから(照っ



出張の苦労は痛いほど分かる、なんせ本鯖でも同様(ry

自分の次の番だって余裕で手伝う真奈屋です
バッカヤロー、出張で単身合奏曲持ち込むのは毎回ドキドキはらはらなんだぞ
私がホームですら同じ感覚なのはさておき、
支援せざるを得ないさが溢れ出すのは致し方ない。
間が悪くて同時挙手の人に気まずい思いをさせてしまったことは本当にすまないと思ってる。

ソ・ラ・ノ・ヲ・トをお試し視聴すらしない段階で”見ない”に振り分けたけど全然素敵な曲でした。



ハートブレイクショットをもらった気分

まさかのVガンダムオープニングテーマ
何かうまいこと言わなきゃ感ばかり高まったもののテンプレ拍手でした。
Vガンダム、あれはいいものだ
昨今の食玩のおまけのお菓子のような
ガンダムとして大事な物を美少年のおまけに扱うそれらに対し、
容姿端麗でもなくヒロインも決して華やかとは言えずな主人公が
子供だから出来ないこと、子供なのに最前線で誰よりも傷つくことを描いたあの作品は神としか。
大雑把に死んだり綺麗すぎる死に方したりな作品が増えているだけに未だに輝きを放つあのVガンダムの、
ですよ。
ちょっと無理矢理盛り上げすぎたかもしれん。

曲の方は
ああ、やっぱり違うなあって。
真奈屋は勢いとか豪快さとかで押し切ろう感満載で
うまい人のは綺麗だなあっていう感じでした。
大概そんな感想だけど未だに同じスタンスで続けている私は異常
だが異端さこそプレミアムだって誰かも言ってた。
このすべり芸、極めるまでだ・・・!
とはいえトークですべって余計に合奏お手伝いを困難にしてしまうのはどうにかした方がいい。
盛の会場が尤も空気を読みにくいぜ!



寝落ちの体には定評がある

そして撮影会
当然のように壇上へは上がらない。
ちょうど寝落ちしてました。
いつ何時でもそう開き直れるだけの覚悟が私にはある。
無駄に。



1次会閉会は序章に過ぎない

それでいて押さえるところは押さえる。



ねつ造じゃないから驚きである

真奈屋のATフィールドを突き破る勢いの「はろー」なお絵かきチャットにより
真奈屋がまさかのはろー発言。



トリミング中気づいたが4人合奏の内この楽譜だけ魔法付きだったのね

2次会に入りもりもりお手伝いもした



奉仕精神からくるメイド服ではない

そんな素敵な夜でした。




今だどさくさログアウト

撤退ネタを用意してなかったのでそそくさと無言落ちだったのはかんべんな










曲はALI PROJECTの「Anniversary of Angel」
真奈屋初MMLであった「Wish」と同じ
CLAMP作品Wish関連の曲。
演奏デビューした頃は当然のようにこの曲も演奏するつもりでいたのだが
実際に演奏をしてからのフィードッバックで選曲傾向が変わっていき、
それもまた良しであると自然消滅していたんだよね。
そこへ来てWishのMML作り直しをしたもんだから再燃も致し方ない。
アリプロ好きかというと語弊があるといった感じで
CLAMP関連のアリプロの曲は皆大好きでもう1曲くらい作りたい程だが
世間一般にどかんと売れたであろうノワールOP曲とかそれ以降のには特別な感情が無い。
かといってWishとかの頃のアルバムを集めたりもせず
CLAMP関連の数曲が大好き、今はただそれだけ。


1週間で2曲作りたいという無茶な計画に基づき
この曲は3日目にして完成というところまで来ていた。
その後ちまちま気分転換がてら修正くらいなもの。
最初は+リュートだったけどあまりの文字数余りぶりにウクレレと統合
真奈屋のクオリティーなどお察しな現状、
文字数限界ならまだしも丸1楽器以上余白がある5人合奏など
お天道様が許してもこの真奈屋自身が許すはずもない。
いやまあ行き当たりばったりで進めていったら殊の外リュートが空気だったってだけなんだけど。
そして恒例の無音が続いてしまう症状が出たのだが
おしりにT120のおまじないも空しく
かといって残骸を撤去もしないくらい文字数に余裕のある仕上がりでした。
その気になればマンドリンとウクレレも合併できそうだぞ!
主に時間がかかるのでそれは回避した、反省はする。
ここんところヴォーカルフルートと伴奏フルートの2本使いが定着しているような気がする
マビMMLの仕様上ひとつの楽器の別パートが干渉しあう性質回避から、
また要所要所じゃなく前編に渡って鳴らせたい曲の性質によるもの。
それでいてしっかりと単なる甘えも配合しているのが真奈屋、気をつけろ!
2本のフルートで同じ音を同時に鳴らすと綺麗には鳴らないけど
それでも同じタイミングで鳴らし
 Aが大きい音で2拍
 Bが小さい音で4拍
みたいな選択をしたい場面が多かったものでね。
フルートの伴奏みたいのがあるからいつものドラム係的に弦楽器×2使用みたいなのを省けたとも言える。
否、実際の所私自身よく分からない。
口頭で的確に説明できるほど理解した上で耳コピしてんじゃないんだよ!!1
(訳:知識もセンスも無いなりに試行錯誤をするもんだから経緯を説明出来ないことなどざら

忠実に再現を心がけすぎると神経が摩耗しすぎる恐れがあったのと
いつものフルサイズだから文字数が到底足りなくなるというふたつの問題からウクレレがかなりなんちゃってな仕上がりとなった。
主に前者。
ただ後者からもフルサイズありき
この曲は1番2番の歌詞全部じゃなきゃ感動が伝わらない!
みたいな、そもそも伝わる見込みは無いのに、みたいな
真奈屋イズムに基づくと正解だったことになる。
うーん、ナイス解釈。
真奈屋如きがやってみせているから間違いないんだけど
始めることと続けることが大事、
そして課程の楽しさこそが目的であり
より楽しむために精進していくのだということ。
俺ちゃん演奏だって出来ちゃうんだぜ的な、
中の人側のステータス感覚にしか演奏を考えていない人なら別にそのままでいいが
沸き起こる何かを無理矢理押さえ込んでいる人がいたのなら
あらゆる手段を駆使してMML作りのこつとか講座とか講座とかを見つけたり
いっそ正当な手順をふまえた上で弟子入りしたりして始めてみて欲しい。
マビノギの未来は鯖状況やシステムの行く末だけで決まるというのでは夢がなさ過ぎるとは思わないか?
だってここはファンタジーライフ、マビノギなんだぜ、センキュー