ペンギンカバと仲良し

どんぶらこー、どんぶらこー(挨拶
垣根の中から

昨晩は樽で行われたはぴはぴonすてーじ 9thにお邪魔してきました。



なんという現物支給

そこは当然真奈屋なので



もういくつ寝る暇もない

この会の為の新曲とはいかなかったものの



たった今気づいたけど余計な半角スペースが入っている

もいっちょ、ものの



厚底推奨のステージであったか

演奏してきましたよ。

曲は先日鳥で演奏したTVアニメサクラ大戦EDテーマ「夢見ていよう」
結果的に6分級を数多くこなしていたら
3分半クラスだと文字数余りまくリングにつきむしろランク9作曲に収まってしまった。
弊害として太く短い厚みのある多人数合奏を作れないけど全然期待もされてないので大丈夫でした。

作詞:広井王子・作曲:田中公平
現場ではしっかり言い忘れてしまった
耳コピMML作曲者の方に関しては自分なので究極的には無問題でした。
言い訳をさせてもらうなら
 初樽演奏
 初樽はぴすて
 自分より前に合奏募集した人が確かいない上に自分のは5人合奏
 会場での銀行アルバイト受け取り
 生放送OKですのサイン出し
と代表的なものだけでもご飯3杯はいけることかと思う。定かではない。
ハードルを下げる為に既存曲にしたはずなのに
終わってみれば新曲を持ち込む気概が無かった分燃料タンクが空になるのが早かったようでもある。
もうこの会では必要事項だからとかの使い分けなど自分には無理だと諦めて
常に辞書登録に仕込んでおけばいい気がしてきた。
サクラ大戦に限って言えば読みさくさくとかを変換で作詞作曲出る様にしておけば常に使い回せるし。
曲の方の反響が思ったより良かっただけに
基本姿勢に問題があった点に悔いが残る。

とはいえ最速の部類に入る合奏PTの埋まる早さにはじまり
樽の皆様のおかげでここまで出来たということで平感謝。
人脈も無しに単身5人合奏を持ち込む私エラ呼吸
今回も会場に生かされた真奈屋でした。



お疲れ様でした!

明日、というか投稿時で言えば今日に日程がずれ込んだ大型イベントの影響もあってかなくてか
ほとんどの奏者さんがはじめて見聞きする方でした。
比較的えむえるなどからの演奏が多く
逆に日常的に気軽に楽しんでいるということなのだろうかと想いを馳せます。
時期的にペンギンペンギンした会場かと思ったらむしろペンギンの方が少なかったです
その辺や演奏者待機列の控えめさもお鯖柄でしょうか。
様子見に様子見を重ねようやく飛び込んだ頃には勢いが無くなっていた真奈屋でした。
むしろ自然体に近い状態とも言えるので結果オーライ



果敢に挑む

そんな素敵な夜でした
ありがとうございました!





ペンギン式プレビュー

以下ペンギン成長日記



段々個人商店オープンのスピードも上がってきているから困る

めがねっこのご機嫌取りにはじまり



持てなかったおかげでSSは撮れた

露店買いのが賢かったくらいにクマを(ペットが)倒し



これってトレイシーを想定しているのだろうか

スタミナ増強



嗾けペンギン

アイキャッチ



案外ネック

ぼったくり露店でぼったくられようにも出物に巡り逢えず自力入手に苦しみ



魔法演奏エフェクトではない

やはり数年前から既に持っていたビンで難なくこなし



アタックCという前提条件を忘れて2度目の訪問だけど全然余裕でした

演奏家の嗜みも押さえつつ



こればっかりは譲れないぺん

任務完了



本体=葉っぱを押さえたショット

葉っぱを蝋人形にし



これだけあれば十分さ

準備完了



綺麗にモーションが揃ったSSは撮り逃した

あとはもうお金稼ぎ



こんなときだけ釣れないブリフネ鯉はツンデレ

稼いで



君は一体誰なんだね

稼いで



お前かヘルメット

一通り楽器を揃えたのにお手伝いゼロだったでござる。

キャラを上手に動かすことが出来ない
モンスターを倒したりではなく
コミュニケーションとしての体さばきが。
お手伝い募集タイミングによーし!と思ったものの
合奏PTが【1/○】のまま
すくっと立ち上がる皆様。
まずアクションで意思表示
のちに満を持して
満を持してPT入りというのが王道なのかー!
大事なことなので2度言いました。
PT入りありきで入れたら立ち上がる派の真奈屋は勝手に心の迷宮に追いやられ悶々としていました。
これが都会の洗礼・・・
むしろ人里のでした、仙人仙人。















気が付けば夢を遙かに超えていた
いつか耳コピMMLを自作して演奏したいだなんて
いつかきっと=ほぼ実現しない、やらないというジャンルだったのに
それがタルラークの地で演奏していた。
足下に地面がない事に気づき
ストン・ポシャンとはならず浮いている
いつの間にか空を飛べるようになっていたかのような感覚である。
だというのに実感としての感謝が足りないことを危惧する。
ある種突き進み続けることで到達したものであるが
立ち止まって冷静に、色々と噛み締める必要があるんじゃないかとか。

人脈無しに現場で合奏をお手伝い頂くこと前提に
演奏会という場でのみ演奏することが出来る真奈屋だが、
実際に作ってみたら独奏で質の高いものほど難しかったからに他ならない。
正確には作りきったことなんかないが。
合奏を選んだ時点で協力頂く道、演奏会という場に飛び込む道が決まったわけだが
仮に納得のいく独奏のMMLを作れていたとしたらどうだろうか。
本当に人っ子1人いないエリンの秘境を演奏して回りかねない私だから困る。
それでいて選曲の妙
演奏会での自分では絶対に選ばない曲に
おっほーとヒルブリンすることが昨日は多かった。
どうせなら質を高くしたいと合奏人数を増やしてしまったのが真奈屋だが
本当に大事な部分をしっかりおさえつつ凝縮されたものに惹かれ始めている。
独奏という手軽さが有れば数少ない友人に出会えた日ならいつでも聴いて貰うことが出来るからね。
そんなifを考え出すこと自体欲張りかもしれないが
とにかく一度クールダウンを図りたい。
MML作りをするノートPC的にも暑が夏い季節は遠慮したい。
それでいて既に稼働中のラインを止めるわけにもいかず
区切りをつけるまでに何か大きなやらかしをしなければいいのだがと憂う。
そうだ、探検しよう
盛と樽どっちにすべきか・・・










     6/2のコメントレスの復刻

何故そのような結論に達したか
無い頭をフル稼働させて考えてみた。
ネタにマジレスされた天然説・・・違うな
やはりあそこを深読みされてそういうことになったのだろうか
うーむ。
本来その答えに繋がる様な要素を一切入れていないのだが
そもそも問いは存在しなかったのだが
どういう訳か解を提示されたので採点せざるを得ない。
正解は



     イエス

うわーん、ありがとうございます!

*却って変な扱いになるんじゃないかと思ったもののセルフガイドラインに従い発掘