2010.10.17 not familiar
まいくてす

あんにゅいな今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
あんにゅいをあんにゅいのままに受け入れられることもまた収穫でした(挨拶
センター後方は譲れない

昨晩は盛で行われた
第47回 演奏祭
にお邪魔してきました



三番手と書いて三段オチと読むぜ

盛では珍しく



公認演奏会会場なので全然緊張でした

新曲持参で演奏してきましたよ



でした

曲は坂本真綾さんの「Remedy」
先月キホでの風待ちジェットの次の曲なんですよね
収録アルバム内で。
その後アルバムで聞いてたらぽろぽろと候補曲が上がってくる勢いで
先週のさいごの果実、今回のそれとなったわけで。
アルバム「かぜよみ」から13曲中5曲目の耳コピだったわけで。
まあそういう狙いではやっていないので今後コンプリートだとかはありません。
何よりもトライアングラー・蒼のエーテルはマクロスF的な意味で名曲なので既に大先生達がMML化しているはずでした。

小太鼓がどうにも言うことを聞かず
和音1切り替わりタイミングで謎のビートを挟み数小節遅れで本来のそれに戻るという不具合
お手上げの極みまで行ってから
3MLでの最適化により2文字ほど減ったことで
ぴたっと不具合が止まり正常に流れるようになったというミステリーでした。

お手伝い危機には定評がある真奈屋なので
盛では殊更なので
そうとうどたばたしましたでよ。
今思えばそのもたつきがなければもうお一方前半で演奏できたんじゃねえか的な。
とはいえ前半自体はタイムスケジュール通りに終了だったので
まあ、まあまあだったのではないかとか。
開き直りたいと思います。



さくっと

その後出番の次からお手伝いする勢い
やっぱ自分の番が終わると途端に強ばりが抜けますね。
そして振り返ってみるとそんなにお手伝い機会がないのが盛でのそれなので
前のめりくらいがちょうど良かったかもしれない。



でしたー

大好きなきぐるみ系でまったり過ごした
そんな素敵な夜でした



壇上も久しぶりだぜ

ありがとうございました










いつからか盛では必要以上に身構えている自分というものに
つい最近気づいた。
それを踏まえた上で
昨日は普段通りの私というものでいけたと思う。
結果すべったが
超伝導ばりにすーっと摩擦ゼロだったが。
変に作った挙げ句すべっていたよりは
ありのままでの反応がそれだったことで却って開き直れる。
だから、比較的好感触の会場の方により打ち込んでいることも別に悪い事じゃないかとか。
基本眺めてるだけのが楽しいのが盛での演奏会だけど
存在証明でもなんでもなく
ただ先週2曲は無理で
かといって来週には別の曲という予定につき間にしか演奏できないというタイミングだから。
色んなスタイルがあるとは思うが
私はこの会の為に~というベクトルと
この曲をとにかく作りたい~というベクトルがあるようで。
そして後者は発表する場所はどこでもよかったりするので
その会場での皆様との時間をより楽しむ為のお土産くらいの感じか。

一時期盛では完全にフェードアウトしてしまおうかとも思ったものの
それが出来ないのは何故かと考えた時
最初期の盛での交流あるマビ
私に会いに来てくれた人達との盛でのマビ
何だかんだで思い出がつまった特別な地になっていたから。
逆にそれがなければ本当に自分が盛にいたというだけの意味しか持たず
何のためらいもなく切り捨てていたんだろうなぁ。
そうでありつつ現在はもう演奏会の時
その会場だけが帰る場所というのもまた揺らがない。
これもやはり
他に似た境遇の人がいないからといって
自分の足下が揺らぐことも今はない。
残念ながら私はオリジナルの真奈屋であった。

















坂本真綾さんの「Remedy」
風待ちジェットの次の曲なんですよね確か、収録アルバムでは。
これもやはり大好きすぎて(耳コピ)やらなきゃ!と。
どこかで意図はあったけどね
独り真綾さん祭りみたいな。その最後、3番目だね。

結構長いというか
終わりそうで終わらない構成で
でも特に苦労というほどのこともなく収まったね。文字数的な意味で。
今となっては後日全く同じ状態で演奏したはずが止まってしまった小太鼓のことばかり気になって
それ以前の作った当時のことを思い出せない勢い。
逆に大きな障害もなく楽しんで作れたと思うことにしよう。
アルファ波でも出てたのかね
真綾さんの曲の耳コピは曲に浸ることが一番の近道みたいな。
自分なりの何かを引き出そうともがくことなく時間は過ぎいつの間にか出来上がるみたいな。
まあある程度経験による方針決定が迅速であるというのも影響はしているか
かなり序盤で5人合奏の具体的な楽器の選定であるとかが以前より早く決定できている。
それでいて後になって変更が大半という仮決定でもない。
単に悪い意味で枯れてきただけかもしれないが。