2011.03.27 赤眼
青き衣と金色なんたら

MGなんか待っていられなかった今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
1500エルフマンセー時代の投資、の更に初期につき二人乗り馬ですが何か(挨拶
0時半くらいなんだぜ

昨晩は襟で行われた
コンドルの袂で ~第33回~
にお邪魔してきました
コピペでした



気が気じゃないNE☆

そこは真奈屋なので1次会終了からのスタート



ネコスキーの側には自然と猫が集まってくる

新曲ひとつ
持ち込んだからにはこのまま帰れないズラとアパッチの雄叫び



明後日に向かって撃て

2次会とはいえコンドル
並々ならぬプレッシャーを勝手に感じつつも



永遠にしがないのが売り

ゲームサクラ大戦2より「奇跡の鐘」を演奏してきました。
が、途中でリュート停止orz
更に小太鼓も同様に。
当然のようにフルコーラスで着手して
リュートの文字数が無理ってことで削ったというのにリュートが真っ先に止まるとかもうね
T32処理してなかったからですね分かります
たった一度の音あわせで止まらなかったからじゃあいいやとかぬかりすぎました。
序盤と終盤の半ばソロみたいな部分以外全編に渡り貧弱だった小太鼓も
肝心の終盤の仕事を全うせずに尽きる始末。
リュートは1回、小太鼓は2回最後まで鳴ることを確認したんだけどなぁ
何回やれば安心なんだ一体。
恐らく根本的な所で勘違いしているんだろうね
引き続きこのテーマに足を取られていきたいと思います。
結果論では1次会の当日募集に乗り遅れたことが幸いであったり
同2次会の場で問題点に気づけたことで
別の会の1次会で不手際という展開は回避されました。
とはいえ早々にリベンジしたいというのは自己満足で
それはそれとして修正版を後日襟で演奏出来たらいいなあと思います。

実際打楽器はわからない
メロディー → 和音1
の切り替えポイントをひとつずらしたら何とかなったとかイミフながらもとりあえず鳴るようにして演奏してきたものなぁ。
でも結局延々終わらない仕様は同時に途中終了する確率も含んでいるような
体感では2割か3割。
無難の極みである900字以内メロディーのみで安定化を図るか
そもそも打楽器使わないかに走ってしまうね。
作曲レベルのランクアップ条件緩和やそれ以上のキャップ解除よりも
途中終了やなんかの問題を修正
はしてくれないんだろうなぁ。
主に私自身が聞き取りやすくするため調律は標準のT120以下で行ってるんだけど
T200以上とかでも頭から設定した方が安定するのかもね。
だが、断・・・
れなくなってきたねいい加減。


奇跡の鐘は2番の 願い事は~ の後の各バージョン毎の違いに趣がある
と豪語する真奈屋なので当然カットしたのは1番で2番からの耳コピ。
でしたが当日になって1番の歌詞のがいいかなあとか思い変更
なので微妙にとか大分とか歌詞とメロディーが合いません。
アイリスのパートのニュアンスなのにマリアさんのパートだったり無茶苦茶でした。

私自身のスタンスとしては
震災・被災というワードを現場では一切口にしないというのがありました。
本当に大変な思いをしている人はまだまだネトゲの演奏会なんて来られる状態じゃないだろうし
そういう人たちに向かってのメッセージは届かないと思ったので。
届かない人たちへのメッセージを述べるのはパフォーマンスの様でもあり
私には出来ません。
が、人それぞれであるので他の方については分かりません。
それが祈りであれば十分ありのような気もします。

その上で何が出来るか
壊滅的ではないにしろ被害があった人
大切な人が苦しい思いをしていて辛い人
直接的ではないけれど今回の震災で疲労やストレスを感じている人
これらの方々に元気になって貰えたらと、一緒に楽しめたらと
あくまで普段通りに演奏しようと思いました。
これまでだってただの1演奏会以上のものを込めて演奏してきたことだってそらありますよ
でもそれを口にする必要は感じない
口にした瞬間本物じゃなくなってしまうみたいな想いからブログに書いたことも少ないですが。
普段通りと言い聞かせつつも
これは不謹慎だよなとか思い始めると曲が見つからない
逆にあからさまに応援メッセージ的なのは敬遠したい
全然普段通りには出来なかったですね。
今回奇跡の鐘を選んだのは
「誰もがほんの少し誰かを思うとき」
というフレーズに結局すがったのかもしれません。
まあ普段から大好きな曲に違いなさすぎるので
以前やった最も極端なアレンジバージョンではない
オリジナルバージョンのMML化をしてみたかったというのも本音です。
前向きな不謹慎をしてみるならば
ああ、次は劇場版だ・・・
でしょうか。
やらないか
即答でやると言えない自分自身との押し問答である。



居候センター回数も随分稼いだなあ

その後一度だけお手伝いなどもし



お恨み申し上げます

嫉妬したりした
そんな素敵な夜でした、ありがとうございました!










1次会
普段よりも1団体の曲数多かったんじゃないかくらい
トータルで普段通りのボリュームだったんじゃないでしょうか
前回途中で寝ることにしたので分かりません。
奇をてらったものは少なく
圧倒的実力を感じ
この後2次会とは言えここで演奏するのかと萎縮しまくりました。
当日の頑張りに関してはなかなかのもので
なんとか2次会で演奏するまで起きていられましたが、
そこに至るまでのコンディションは必ずしもグリーンではなかったので
2時くらいに自発的ダウンと相成りました。
現場では普段通りの緊張とか言いましたが
寝るときになって変な汗臭がして着替えようかと思ったくらい。
冬場的常温のそれに着替えると逆に寝付けないんじゃないかとそのままでしたが。
需要のない生々しい情報失礼しました。