そろそろケンちゃんラーメン新発売
なフレーズもふさわしくなくなるくらいにオープンから経っている当ブログ、ていうか投稿数か。
本来はじめに書くべきなブログ紹介、キャラ紹介とかは正直めんどいので目の前に広がる新世界に夢中ですっかり後回しに。
ここいらでいい加減ブログタイトルの由縁くらいは書いてみようと思う。
私はソロプレイヤーだ。
元々ははじめたばかりの時期に仕方なく一人で
な延長的ソロプレイだったのだが、
ギルドに入った後でも思うところあってずっと一人
そう、ソロプレイヤーで生きていく事を選択した。

そんな私を周りは固いという。
生産PT・ダンジョンPTの原則禁止なんかがそれに当たるらしい。
生産PTに関しては一方的にこっちが得をするようなPTを組んで本来ありえないような楽をしたくないと
自分と同等の存在と共闘はよくても遥か上方からの援助は受けないという姿勢。
ダンジョンもまあそんな感じ
人に教わるとか死ぬほど嫌いなので自分よりぐんと上の人とは基本的に行動しないと。

しかし実際やってみるとそんなにきつくも辛くもないのがソロプレイ。
当然一人では無理とされるダンジョンもある。
だが私は別にマビの戦闘の全てを堪能したいとも思っていない。
実力、それに伴う攻略対象範囲
経済力、どこからどこまで金で解決するか
等を考慮して
入手は容易であるため自力
自力入手は困難でも金銭的に解決
分不相応なものはあきらめる
などの判断をしてやり過ごす。

こういうのって正に「ライフ」じゃん?
とか自分フィールドを展開しているので基本的に全てオールOK、
他者との関係がなくとも核融合を果たしているような痛い状態だ。

人は私を固いという。
私も自分は固いという認識を持つ。
相対的に私にとってエリンの生活は柔らかいものとなる。
そんな意味合いを込めてこの
どこまでも柔らかいこの世界で
というタイトルを付けるにいたったと。
勿論ぱっと見ふわふわもふもふなイメージで一般の人を罠にかけるというお茶目も忘れていない。
Secret

TrackBackURL
→http://manayahonpo.blog48.fc2.com/tb.php/17-f82eb086