2011.09.03 ジュピターX
なんで公演場にいるんだっけと小1分

時折訪れる雨に翻弄される今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
部屋干しに除湿器、全然余裕でした(挨拶
No植え込みNoライフ

昨晩は樽で行われた
はぴはぴonすてーじ 24rd
にお邪魔してきました。



誰も並んでないからトップバッターやりますよ展開ブレイカー

そこは真奈屋なので
様子見に定評のある樽はぴすてですから
むしろ今が好機!としゅたっ、してきました。



全くお粗末様がふさわしいッゼ

演奏してきたのはオリジナルたぶん第12弾
「田舎と虫」
ほんの遊びのつもりというか
燃料投下口として設置した投票で頂いたオリジナル曲のテーマを
真に受けてみたものですね。
しかも出だしの指定まで同時に頂いてまして
「田舎はすごい虫でした。」
この強烈なフレーズに引っ張られて
あってないような歌というメインテーマは文字通りあってないような事態に。
つまりはこうして演奏してきましたよ記事をしたためる時点で気付かされる壮大なハンドオブお釈迦様だったんだよ!!1
やばいこれ超深い。

お盆帰省感満載のフレーズから始まり
その後私が込めたのは子供時代の夏休み帰省という。
あまりの曲者ぶりにテイク5くらいでようやく公開出来るレベルになったし致し方ない。
実体験ゼロの物語り調じゃ私のオリジナルではないもんね
かといって黒やグロやその他諸々の負念を垂れ流すわけにもいかないし、きゅんきゅん。真顔。
最終的にそれでも生々しさが残る後半の歌詞を非公開としてやたら長い終奏という体で落ち着きました。
上手い具合に各々方の夏や盆や帰省感を引き出せたなら幸い
そうでなくても会場被害は比較的低く抑えられたんじゃないかとか
思っておりますはい。



見切り撮影

そのまま置物を満喫するつもりが何と現場でリクエストを頂きまして
いそいそと準備して演奏してきたのは
新居昭乃さんの「きれいな感情」
これまで再演奏するにしてもまだ演奏していない鯖で
というのが鉄則のようなところがありました。
それが元々演奏した場所でこの曲をもう一度なんて言ってもらえることは
ちっぽけな想定を遙かに超えていまして。
いっぱいいっぱいな所へ更になかなかのお手伝い危機でして
そんでもって調律失敗が50弱くらい続きまして
色々重なって極限状態の末サブフルートが調律の終盤に若干ズレまして。
正直自分の判断能力を疑う勢いにつきキャンセルが遅れ
全てを考慮してそのまま強行しました。
元々フルート一本では足りないけど
かといって二本目を文字数限界まで使い切ってもいないという贅沢な配置。
しかも終始音量は控えめだったということを覚えていたので。
それでもショボーンには違いありませんが
リクエスト主の方に楽譜をそのまま引き取って貰ったのでいいかなあと。
5人合奏くらい余裕なファンタジーライフミレシアンに違いないし。
そこまで自分を納得させたあとで楽譜が半分程削れていたことに気付いた件
ずこー



美女の彫刻がずらり

凄い演奏や凄い演奏やとんでもない演奏がたくさん聴けた
そんな素敵な夜でした
ありがとうございました!










おまけ
今投稿の副音声風味










「田舎と虫」
作詞・作曲:真奈屋
すぺしゃるさんくす・原案:どこかの誰か

【フルート】



【ウクレレ】



♪ 田舎はすごい虫でした。
♪ 相変わらずの
♪ 食べきれないご馳走に
♪ 少しうんざり
♪ 笑みがこぼれる
♪ 見送りはいいと
♪ 言ってるのに
♪ 外に出てきては
♪ タクシーを待つ
♪ 何も言葉を
♪ 交わすことなく


出だしを差出人不明の手紙にするという体など色々考えた末
全然後に引かないという開き直りで落ち着きました。
その後はもう私のじーちゃんばーちゃんの話ですかね。
それでもセルフ検閲の規制をを免れた
選んで選んで書いた当たり障りのないものですが。
結果的にあるあるに寄ったとも言えるんでしょうか、分かりません。

後半の歌詞をシークレットにすることで
もしこれが3人合奏でシャリュモーを含んでいたならメインメロディーをバトンタッチさせたいところでしたが
短編的オリジナルで安易に楽器を増やすと文字数の余らせ具合が申し訳ないことになりがちでして。
あと無理に盛った感で失敗したなあってことも経験済みなので
なるべく少なく少なくしてみました。時間も無かったし。
完成したの演奏会まで一時間切ってたし。

図らずもこれまでとはちょっと違う感じの出来たので
やはりもうひとつのお題も無理矢理拾っていこうかなと思っていますはい。
その為にもパン焼かないとだな。