あれは昨日のことでしたか
普通にイリアで探検中のこと、
サンドワームに出くわしました。
人ごみというほどの人はいなく
私も弓キャラだったのでARをぷちぷち撃ち込んできました。
ということで今回は武器の改造やらなんたらに関して書いてみますお( ^ω^)

「コラ待て確信犯」










基本的なこと


攻撃力
例:25~50
最低で25、最大で50のダメージが出る



バランス
これが高いほどダメージの最大値が出やすい
仮にバランス100%なら常に最大
実際は80%より上の数値にはならない



クリティカル
高いほどクリティカルが出やすい
敵の保護値によって減算される
それすら上回るクリ数値を用意しても、
実際は30%で打ち止め





エンチャント

無いよりはあったほうがいいとはいえ
貼り付け失敗時に最大耐久が削れる危険を考えると
一定以上の効果があるもの以外は貼らない方がいい。

新しいエンチャント付武器を作る場合
始めにエンチャントを済ませ
熟練値を溜め
改造する
が基本。

せっかく最後まで改造した武器をどうでもいいエンチャで削るなんて持っての他。
尚、エンチャントには接頭・接尾の2ブロックがあり
目的のエンチャントが付く前に削れてまた新品を購入して再度チャレンジなんていうのは割と日常。

つまり先行投資。
始めのうちは武器にエンチャントは考えない方が多分無難。



強い改造

どの武器も
強さを求めた場合最初の改造で
高熟練値を必要とし
最大耐久をいくつか引き換えに強くなる

というものを避けられない。

その結果、最終的な改造まで削れがゼロの場合でも
ブロードソード7
グラディウス8
バスタードソードに関してはなんと5まで落ちる。

改造が終わるまでの間
修理が安いからといって確率の低い所ばかり使っていると
完成時に耐久が3くらいしかないなんてことにもなりかねない。

つまりこれも先行投資。
完成するまでにお金がかかっても
後で元を取れる見込みがあればこそのコースだと言える。

ちなみに熟練上げは25歳以上のキャラが最も上昇値が高いので
作りっぱなしの熟練上げキャラを用意するというのはよくある話。
低年齢で熟練上げとなると
目的とする数値までの修理回数が増える
費用もかさむし削れる可能性も高まる。



現実的に

改造は考えないで使い潰すという道もある。
この場合は初期ステータスの高いものを選ぶといい。
鈍器はばらつきが大きいので大体刀剣に落ち着くと思う。

値は張るが両手剣使いつぶしというのもあり。
ただシールド無しのディフェンスで激しく削られるような環境には適さない。
IBカウンター等のみであればむしろいいかもしれない。


もう一つ
威力がぱっとしない結果になるが最大耐久が減る改造を避けて改造していく手もある。
この場合主にバランスのみを上げて終わるとかが一般的。
高DEXな人ならバランス度外視の最大ダメ強化等別の道もあるとは思うが
初心者な人にはむしろ戦力にならない仕上がりになってしまう。





具体的に

それでもがっつり改造したい という場合

バランス重視改造
最初に強力な強化後後はバランスを上げるのみ

最低ダメ重視改造
バスタードソードの50~51や
グラディウスの53~62等
例え装備した時のバランスが低くても
最小ダメージの高さで安定した威力を発揮するタイプ





虎の巻

勝手に通称ちびっこメイス
ダメ11~78バランス73%
DEXが38もあれば80%を発揮できる。
最大が78でありながら恐ろしい改造である。
クリがゼロなのは荒いメイス使用とかで何とかしてc⌒っ.д.)っ





おまけ

ニュージェネレーション初心者には二刀流という選択肢もある。

メリット
打数増加で火力が増す
スマ・カウンタ等もつおいらしい



デメリット
修理費2倍うはwおkwww
盾なしディフェンスの脅威
敵の硬直が短く若干リアルスキル必要?



二刀流のどこが良くてどこが悪いのか
具体的に把握出来ないようならやめた方がいい。
片手武器+カイトシールドが最も汎用性が高いので一定の経験を積むべし。
ちなみに脳筋っこは無改造バッソ二刀流でエイレン修理等逆に経済的になったりする局面もあり。

高アタック・二刀流・武器無改造という
カウンターCまでとりあえず上げとけ
に対する新機軸の誕生?みたいな。








一言で言えば

好きなようにするのが一番だお( ^ω^)

「自分で全否定してどうする」

Secret

TrackBackURL
→http://manayahonpo.blog48.fc2.com/tb.php/183-2e0f1cfd