2011.09.25 Third time lucky
7週ぶりのログインです

気怠さは否めない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
いつだって何度だって
プライスレス(挨拶
静かな立ち上がり

昨晩は襟で行われた
コンドルの袂で ~第36回 秋分~
にお邪魔してきました



一張羅

そこは真奈屋なので
当日募集枠に全てを賭けて



がくぶるを通り越して笑っちゃうよね

1曲演奏してきました



速攻撮るぜ

曲はアニメまほろまてぃっく~もっと美しいもの~より
OPテーマ「そ・れ・い・ゆ」
そもそもちょうどメイド服持っているしと今月頭の樽はぴすてに向けて着手したはずが
間に合わなかったり別の曲やりたかったり別の曲やりたかったりして
ようやく出来たと思ったら空前のメイドブームでなんか乗っかったみたいな形になってしまったね。
メイド服持ってる鯖
持ってないので買った鯖
持ってる鯖
と来て辿り着いた襟では当然持っていなくて
それでいて襟演奏子は着飾る系統ではないというスタンスにつき縁もゆかりもない感じになっちゃったね。
ところがどっこい裏設定張りの影の薄さだけども
はじめて襟で演奏した曲が実はまほろまてぃっくの曲だったりしたんでした
ので十分ありだったんでした。

フルフルウクレレドリンの4人合奏で仕上げた後
一度最初から最後まで小太鼓を乗せてみたんだけども
どうにも決まらなくて。
なんつーかこう、独学で作ってるし音の学も無いしフィーリングなんだけど
だしが効いてないというか。
味が決まっていない料理に触感だけプラスしても白けるというか。
だもんで小太鼓はやめてドリンを倍プッシュ
元々の音は拾いきったつもりなのに足りない感じの仕上がりに
たぶんはじめて自分から盛っていくということを積極的にしました。
今回は意図的に盛ることになりましたが
無意識に脳内でかかる時に自然と盛られている音をMMLに書き写したとき
はじめて本当の私のアレンジになるのかなあと思いました。
その為にも作業作業作っていく前に原曲をリピートさせて体に馴染ませることの方が重要のような気もしてきた。
今更。
ほんと今更。
これが、初心・・・!



流石に中央から距離を取ってしまうよね

押し押しで1時手前の終了でしたが
内容は盛りだくさんでしたなあ。
詳細はどこかで優良ブロガーさんが優良ブログにまとめてくださると信じて私は私目線を大事にしますが。



三段オチポジション

そして二次会へ
襟の会場でなきゃいけない曲がもうひとつある
それは



リベンジ果たせたのかな

先月襟はぴすてでのリベンジ
坂本真綾さんの「そのままでいいんだ」
R5の恩恵で調律に&も入ったぞ!
という本音はさておき、
あとはメインフルートで可能な限りぷちぷち除去をしただけのもの。
そでいて今度こそ止まらないはずのものでした。
ぶっちゃけ文字数の余り方が5楽器トータルでは半端ないです
贅沢に余らせたシンプルな出来だったのかどうかは定かではない。
とりあえずあの夜と同じ顔を会場で何人か確認出来たので
リベンジ出来たってことでいいのかなあとか。
完全なリベンジってのは不可能なんだし
今後同じ過ちを起こさない為の儀式でしかないけどね。自己満足的な。
そこは2次会だし大目に見て欲しかった
そして見て貰えたと、ごめん信じてる。















なんちゅうか本中華
攻めの姿勢が感じられるMMLがいくつか演奏されて
とても良い刺激になりました。
予備知識がないと置いてけぼりな出し物もあったけど
大丈夫、私は会場が盛り上がっている様子を楽しめる得意体質です。

途中仮眠も挟みつつ
ようやく迎えた当日募集
3度目ともなると流石に慣れてきます
そこまでの心構えはリラックス出来ているというか。
ただその瞬間を迎えた途端鼓動の激しさが尋常じゃなかったけどね
案の定血走った目で当日枠トップをゲットしたけどね。
3度目にして初めてオリジナルじゃなく耳コピとか
ふつう逆じゃね?とは分かっていますが
ふつうのことやったってしょうがないじゃんね。
勝ち目がないとかそういうことじゃない
その時々の本気をぶつけた結果たまたまオリジナルオリジナル耳コピとなったのだから。

しかし初参加こそ恐れ多くがくぶるMAXな2次会だったコンドルだけども
随分躊躇無く当日枠に2次会にと舞台に上がれるようになったものだ。
けしからん話です。
ただ直前~終了までの緊張具合はぐんをぬいているけどね。
演奏は限られた人達の遊びじゃないって
そんな歌詞のオリジナルを演奏したこともあったけど
私が隙だらけのMMLを演奏し続けること
それでも楽しいですという私で会いに行くことこそが
意味があるとは言わないけど私の答えです。とかなんとか。
それでいてそこまで面の皮は厚くないはずなので
ミリ単位でも成長したMMLを作っていきたいですね。

そんな素敵な夜でした
ありがとうございました!