2012.01.15 heart beat
修理代稼ぐよ!

寝違えて今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
そしてやっぱりプライスレス(挨拶
後ろの方からこんばんは

昨晩はキホで行われた
第68回 演奏家の集い
にお邪魔してきました。

常連不在率がかつてなく
ルーキーの台頭もなく
かなり絞り出すような出だし



代わり映えなんて都市伝説

とはいえこちとらかつてなく自分特オリジナルだもんで元気よく序盤に演奏出来なかったのは
無駄に第14弾、「SHIBAFU!」
当然昨夜も使い捨てクオリティーでしたがさておき、

耳コピはもう間に合わないってタイミングで
じゃあオリジナルでも作ろうかというそれだったんだけど、
今の自分から出てくるのはどうも明るい楽しいとは無縁のもののような気がして。
かといって嘘偽りのないものしか作れない
心にもない綺麗事を並べて作ってしまったら自己嫌悪で自滅するもんね
ならば本心でありながら暗くないものを作るにはどうしたらいいかと考えたわけです。
自分で自分のことを扱うから暗いわけであって
私が誰かのことを想って作ったらその限りではないんじゃないかと。
そんなこんなでタイトルでバレてるけど素敵な芝生のあの方を考えながら楽しく作りました。

私がブログでうかつに芝生を生やさないのは
芝生って人柄が出ると思うから。
私の芝生はきっと気分が悪い。
それに対してあの方の芝生は例え3連5連芝生であっても清涼感さえある
ちょっと大袈裟かも知れない
とにかく、芝生自体は善でも悪でもなく無味無臭だと思う。
そして私はあの方の芝生が大好きだ。
キミのくれた一芝生
今でも胸に茂ってる、センキュー



やりきった感

実は演奏前異常に会場からの反応が皆無で
すべってるのかどうかすら判断しかねる状況に新しい地獄がこんにちはしていたんだけど
まさかのタイミング、
壇上で演奏前に回線落ちというハプニングで結果的に萌え判定貰ったりして追い風となり
プラマイゼロだった感じでしょうか。
あと一度余計なキー押して演奏止めちゃったりね
手袋がいけなかったのかショトカ仕様変更辺りで歌詞出しに不利な要素が増えたのかは定かではありませんが
ネタ曲のちょいネタバレ後再試行は辛いものがありました。



結果的には杞憂

その後も閑散ムードが続いていましたので
数少ない3人合奏
坂本真綾さんの「僕たちが恋をする理由」も急遽作譜して演奏しました。



自家用チューバ無しで演奏出来たことがプライスレス

その後にわかに緩やかな賑わいを見せた会場の流れを感じ取り
予定通り「花雪洞(HANA BON-BORI)」も演奏してきました。
何だかんだ言ってこの曲は寒い時期が一番似合うと思うの
寒さに耐え待ちわびたい的な意味で。



ドセンターは恐れ多いけど大体いつもこのポジション

声をからしながらお手伝いを募ったかと思えばしたたかさも見せる
閑散さを閑散さとして閑散さのまま楽しめる私がそこにはいました



密度は決して低くなかった

そんな素敵な夜でした
ありがとうございました!















当たり障りのないストックとかないし
私にはつなぎは務まらないなあって思いました。
出来ることをやるだけというより
やりたいことをやっただけでしたね、昨日は。
閑散としてるとやりにくいからオリジナルは演奏しないとか一瞬過ぎったけど
それこそ違うんじゃねえのと。
一通りやりきったら後はもう楽しいだけだったし
いつだってやるつもりで来たらやるしかないってことでしょうね。
逆にこれ以上閑散とすることは無いんじゃないかってくらいだし
今から来月が楽しみなことを本当にすまないと思っている。












「SHIBAFU!」
作詞・作曲:真奈屋
機械翻訳:エキサイト・グーグル先生

【フルート】


【リュート】



♪ 胸に手を当てても
♪ 前に向かえなくて
♪ キミからの言葉を
♪ 思い出してみる
♪ 時の流れが
♪ 歪めてしまうことがあるけど
♪ でもきっと 大切な物は
♪ あの頃のままで
♪ ボクに
♪ 語りかけてくれる
♪ キミのくれた一芝生
♪ 今も胸に茂っている
♪ 生やすだけじゃなく
♪ 植えることも出来るって
♪ 教えてくれたよね
♪ You are a special SHIBAFU girl
♪ その芝生はボクに勇気をくれるよ
♪ You are a special follower,infallible
♪ ツイッターが出来るより前から
♪ You are a special SHIBAFU girl
♪ ボクもいつか誰かに植えること出来るかな
♪ You are a friend of my small number, and are precious
♪ 敵わないって今日も笑ってしまう


相変わらず音楽的な遊びは少ないけども
じゃあ時間たっぷりかけて満足の出来にしたとしても
どこでも何度でも演奏出来るかといえば全く状況は変わらない。
どこか闇鍋上等な所がある演奏家の集いかはぴすてでないと演奏しなかったと思う。
それでいて次のはぴすてまで寝かせるのでは私の実戦感が戻らないってことで
昨夜決行させて頂いた次第。
絵を描いて貰ったことも歌を作ってもらったこともない真奈屋なので
こんなことするのは相手側に立って考えるとどうなのか分かりませんでしたが
今回も色々と見逃して欲しい気持ちで一杯です。
だもんでひっそりと大声で歌ってきました。
だってこんな曲独り拵えて誰にも見せないでニヤニヤしてたら危険人物じゃんよ。
突き詰めれば独りよがりなんだけど
それを独りで抱え込むのは危険ってことでひとつ。
直訳するとおさげの国からやってきた素敵な芝生の女の子ですかね
要素足りてないじゃん。
この期に及んで私が無個性とは思いませんが、悪い意味で、
かといってキャッチコピーはきっと見つからないだろうなぁ。
そういう意味でも実は凄く嫉妬してるんです
愛されキャラというか人を惹きつけるところに。
悔しいけど私もファンなんです
真奈屋でした。