2012.12.23 Dream Bell
約一ヶ月前のSSです

醒めやらぬ今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
プライスレス継続中であります(挨拶
昨晩は襟で行われた
クリスマス演奏会
にお邪魔してきました。





こいつはビッグなステージだぜ、目線

予約参加とか恐縮以前に見込みエントリーになってしまうということで
当日募集枠でキャッキャしてきたのは



打ち込んでからエンター押すまでの間に雪というワードが出るとかもうね

シロフォン5人合奏2曲
「クリスマスハッピー」
前日完成の新曲「クリスマススノウ」
でした。



自キャラが照明効果で不鮮明でござる

名曲のアレンジやオリジナル
何より会場がたくさんの人で溢れかえっていたこと
大盛況大成功な演奏会でした
間違いない



音楽まみれ

2次会でもついつい
いつもより多めに弾いてしまった
そんな素敵な夜でした
ありがとうございました

















盛況なコンドルがダブって見えた
お知らせ以前を含む
今年の演奏会全ての中でも2,3位を争う勢い
1位はどこかって?
そいつはてへぺろだ。
お知らせ以前も何だか全鯖的に演奏会が元気なくなってたっけね
さておき
告知があれば直ぐさま人が集まる
襟は素敵なお鯖やでしかし。
今回新曲間に合ったのも襟だからというのが大きいかな
実際の会場の賑わいなんてものは始まってみなければ分からない
そんな中約束を交わしたわけでもない
でもきっと会えるだろうと思える人が何人かいて
その人達に喜んで貰いたいなあってのが決め手になったというか。
変に襟に、襟の人達に懐いている真奈屋
隔月のコンドルと3ヶ月に1度のはぴすてという変則2本立て
コンドルの翌週はぴすてだったりはぴすてで始まった月の終わりにコンドルだったり。
性質の違う演奏会だから客層が違ったり
同じ人でもテンションが違っていたり
コンドルの大スターのオフショットがはぴすてで見れるというか
毎月開催1本体制の鯖にはない多面性というか
気付いたら私も襟の時は随分はしゃいでたなあっていう。


今回演奏後感想のメモを頂いたりしまして
これまで全くなかったということもないですが
まあ年一回未満なのは確か
さておき
私のオリジナル曲でそんなに言ってくれるなんてと
却って恐縮でした。
ただそのメモの時点で3曲演奏してたんだけど
一体どの曲がそうだったのだろうか
その場で聞き返すのは無粋な気がして聞かず仕舞い
じゃあ3曲全部好きになったらいいですね
誰かに聞いて貰った瞬間から私だけの曲じゃなくなるとは思ってたけど
その真骨頂的な事態に戸惑いは隠せなかった。
うん、頑張ろう。

たぶん今年は弾き納めだろうってことで
2次会でもやたら演奏してきた真奈屋
まず2次会トップで新曲
「Fall Dream」
を演奏しました
タイトルは結局現場で決まらず後付でした。
作った私のイメージと
聴いたみなさんの感じたイメージが結構違っていて
それも面白いですな。
他にも「枯葉」「灯り」
「ねんねこころり」「うさぎ」
ついには現場でタイトル思い出せなかった「日だまり」
他にも演奏したかもしれません
定かではない。
サブ演奏子のインベに残ってた楽譜もタイトル不詳だけど演奏してまえ的に次々だったんだけど
日だまりは後になって気付いたけど本来3人合奏だった件
そもそもホイッスルはフルートのエコーしか仕事してない感じだったので無くても全然違和感なかったという。

あとどうでもいい情報として
みや 正式採用でした
自動的にサブ演奏子も みやこ へ進化しました。
演奏会通いを続けていたら名前(の読み)が変わりました!
次は身長が伸びるような気がします



思ったより新曲の反響が良かったのもありますが
一番嬉しかったのは合奏をお手伝い頂いたメンバーに
撤収、わー! 四散
の件をお願いしたら快諾して頂けたこと
こんなに嬉しいことはない。
あとそもそも人脈も無しにシロフォン5人合奏を演奏出来たことも
それ自体が最大の自虐だとここではネタに出来るけど
現場では素直に嬉しい。










「クリスマススノウ」

【シロフォンA】


【シロフォンB】


【シロフォンC】


【シロフォンD】


【シロフォンE】


AからEへと横並び、Cが中央
ぶっちゃけ5パートはいらないかなというのがある
そこはほら、お祭り感の為っていう、前回同様
ので最大限活かすにはと配置を意識して作りました。
メインパートをセンターのみで行うとそこだけ文字数の消費が激しいし
あちこちから鳴らすことでそちらも分散風味。
製作段階では完全にマンドリンで進めているので3ML視聴の段階で若干違和感もあった
前回に比べるとあくとり期間がゼロに等しい
そこだけは今後修正してもいいかな
メロディーとかは一切変えずに。
実作業のほとんどはこの一週間でといった感じだけど
道筋自体は数週間前に出来ていた
直前で全然別の曲を新たに作ろうかなとかも過ぎったけど
結局この曲に戻り粛々した次第。
現場で頂いた「クリスマスノー」という裏タイトルも正式採用
世に蔓延る爆発物どもにノーを突きつけるのだ!
ただし明るく(キリッ

大元はシロフォン曲ではなく
歌詞ありのクリスマス曲のつもりだったメロディーなんだよね
後になってやっぱりシロフォン5で何か作ろうと前奏が出来て
そこへ移植したという。
部分部分ぴたりと当てはまる歌詞なら毎回ある
それを全編に渡りかっちりとなると話は別
最近は歌詞無しでというコースを選択することで気楽に作れる
歌詞を付けないことで回転率を上げていたね。
来年はまた歌いたいものです
他ならぬ襟の舞台で










「Fall Dream」

【フルート】


【ウクレレ】


うっすらと
1次会にはシロフォン5の新曲
2次会にはしっとり簡単な新曲
というイメージがあったので当日ささっと作った曲。
普段いかに和音1和音2まで使い切るかということに陥りがちで
ほんとは極限までそぎ落としたいっていうのを押し殺すことがあるよね
2次会だし人差し指演奏のピアノ伴奏と独唱みたいなイメージで作りました
超短い間奏では和音使っちゃったけど。
こちらは完全に歌詞イメージ無し
このボリュームなら後付もそこまで大変じゃないかなということで
みなさんで好き勝手に付けたらいいんだと思いました
ないか。