2014.06.15 百鬼襲
ココラビの館

窓の外からチュンチュンと今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
すっかり朝が来ていたけど全然就寝しました(挨拶
まだ慌てる時間じゃない

昨晩はキ、樽で行われた
『第97回 演奏家の集い』
にお邪魔してきました




誤字っこ

開始前から既に待機列が形成されていたけど
きちんとアナウンスを待ってから並ぶ謙虚な真奈屋です




演奏会を行う場所だっぜ

そんな5番手辺りで演奏してきたのは




リーダーは犠牲になったのでSS撮影に勤しむ

新曲「猫の寝落ち」
未だかつて無い規模のタイミングズレで丸々一拍くらい遅れて聞こえたけど全然悔しかったです
自分を勘定に入れてはいけない…!




このあとめちゃくちゃにエモした

あっという間に24時を回っていた




ロクなもんじゃねえ

何故かリクエストがあったので
「SHIBAFU1.98」
「桜草(さくらぐさ)」
なども演奏した





白い翼も加わり就寝体制極まる

そんな素敵な夜でした
ありがとうございました















人が多い・凄い
とは言っても正直私の想像よりは大分控えめだった
あまりの混雑ぶりにダンバ開催最後と予想していたんだけどなあ
統合後初だけども前回キホ単独開催ファイナルの動員数とあまり変わらなかった感じも
やはり掘り起こし需要が大きいかと思う
楽師も生粋の樽楽師は僅かで
旧キホ楽師の熱量がこれまでと違ったことによる盛況だったかな
とはいえ次第に樽も元キホもなくなって混ざり合っていく
今後に楽しみなのは間違いない
と当たり障りのない言葉を並べてターンエンド
個人的には懐かしい顔が多かったりであまり演奏せずにだらだらと長居出来る感覚が嬉しかった
とはいえ4時は頑張りすぎた
その身に刻られた










「猫の寝落ち」

【ピアノ】


【バイオリン】


【チェロ】


似たような楽器構成によるマンネリ
それを打破しようという意図は一切無かったけど気付いたらそうなっていた的な
前奏を終えて次に続く音色はチェロ以外にあり得なかったんや

コピペを多用して作りやすい
もとい聴く側が安心感を得られる反復はあまりなく
どんどん変化し続けるような感じにしたら思いの外長くなった
考え無しに続けた主旋律
帳尻合わせだと大変だけど独りセッションとして楽しめればそれほどでもない
ピアノは2音
バイオリンチェロは1音しか鳴らさない逆にリアル設定(?)
主に作る側に優しいのは言わずもがない