2014.10.12 ツーペア
正々堂々戦うといつから錯覚していた?

深くため息今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
その身に刻られたけど全然プライスレスエクストリーム(挨拶
昨晩はキ、樽で行われた
第101回 演奏家の集い
にお邪魔してきました





がやがや

そこは真奈屋でしたが並ぶタイミングを見誤って1次会閉会




この後滅茶苦茶スルーされた

2次会トップがちゃがちゃの中アウェイ感に包まれつつ演奏してきたのは
新曲「178」

相変わらずみんな元気だなあ
とHPゲージと睨めっこしながら騙し騙しだった
そんな素敵な夜でした
ありがとうございました(挨拶















集いらしさが薄れてきた反面相対的に無関係なオープンチャット民が目立ったりして
個人的には心地よくない寄りだったかな
そのせいか裏でグッチをこぼしがちな雄三だったのは否めない
統合後どこもボリュームは増したけど満足感はむしろ落ちてきている
そう感じるのは私が通い詰めすぎた・舌が肥えすぎたせいだろうか
予想できる物に対してはまるで心が躍らなくなって久しい
凄いMMLも慣れてしまうとどうということはない
ここへ来て原曲・名曲の持つ力って凄いなとかほむほむしたり
ただ凄いだけじゃない部分で人を喜ばせようという心
ユーモアに爽やかな敗北を味わったり
毎度はらはらさせてくれる人を間近で観察したり色々とマニアックだった

完全二次会形式は出たとこ勝負
プログラム制に比べると多彩さに欠けがちかなあ
どうしても少数の精力的な楽師のループ感が強くなってしまう
奏者側も決まった持ち時間に全てをかけることでメリハリが出たりするし
樽鯖のプログラム制演奏会も観てみたいと思った出張であった















「178」

【ピアノ】


【チェロ】


色々と選べる状態で土曜を迎えた
土曜に着工が確定なのかよ
さておき
そんな中で前日にふと浮かんだフレーズを元にまんねりコースを選択した
別の賑やか目で比較的パート数多い奴はほら
疲れちゃうからね
心が弾まないと作れない曲
その為に無理してテンションを上げる作業は大変
対してどんな油断した状態からでも作れるそれは自然体な
私らしいメロディーってことになるのかな
休みながら作れるは伊達じゃない
そういった無理のない作り方であれば辛くも苦しくもない
たまに張り切ってご馳走を作りたいってのもいいけど
毎回ご馳走でなくてもいい
ご馳走限定料理人ただし開店は気まぐれよりは
毎日開店きまぐれ料理人のお店の方が誰かを元気づけられるかも知れない
とか言うてね
私のご馳走はいつですか?
気力体力が充実した時考えます
一体いつなんだ…