上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.11.23 変電所
周回遅れで波に乗れていない

惰眠をむさぼりたかった今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
その為の体力作りからはじめようかだが断る(挨拶
鞠で行われた
第7回 マリーの楽器演奏会(MiciM)
にお邪魔してきました





ふてぶてしさに定評のある

そこは真奈屋なのでどっしりと構え終盤に差し掛かるくらいで演奏してきたのは
短編集
「妖精の子守歌2」
「妖精の子守歌3」




照明に弱い服が残念なのか手前のPCが残念なのか

何事もないが一番いい
そんな素敵な夜でした
ありがとうございました

















友人がそこにいてくれたから先週と打って変わって楽しかった
我ながら単純になったものである
だがそれがいい
ぶっちゃけ今日が演奏会という要素も私の中で二番目三番目へと降格している
ここ最近は毎日楽しいと言っても過言ではない手前
演奏会に何も特別なものを期待していない状態

普段接点のない者同士
集まれる会えるだけで万々歳
演奏会という分かりやすい目印無しにはなかなか起こらない現象だからね
そういうシンプルな所が大事だと思うし
演奏自体にもあまり仰々しさはいらないような気がしている
例えるならプレゼント交換会のようなものか
上限金額の中で最大限良い品物を選ぼうとする心
勿論凄いMMLを持ち込むこと自体はいいんだけど
演奏だけ凄くて心が置いてけぼりだったりすると寂しいよね
そんな意味でもなかなか良い演奏会だった
とか何様でした

樽で作譜環境整備支援、のサポートをしたきっかけで
なんと私の過去曲をアレンジというサプライズを受けてしまった
樽民として当然のことをしたまでなのに
はて私は樽民だったっけ
まあいいや。
前例がなかったにしろいじられる事は全然構わない
そう思っていたけども
私だけが知っている特別な想いを込めた曲の一つだったりして
たまに自分で弾くことはあっても不意に演奏されると正直胸が詰まってしまった
以前一度だけ私の曲を弾いて良いですかみたいに聞かれた時
深くは考えず私の居ない場所でならご自由にどうぞと返したことがあったけども
なるほど確かにとひとりほむほむ
公開しないのは論外だし特定の曲だけいじらないでくださいもなんだかなぁな手前
変わらぬスタンスで行くしかないかと思った

















「妖精の子守歌2」(189・190・191・192)

【チェロ・幻想女性コーラス付】



「妖精の子守歌2」(194・195・196・197)

【チェロ・幻想女性コーラス付】


0オクターブ作曲に定評のあるまびっこで作成した短いそれぞれの曲
0オクターブを使用しているとまきまびにインポート時バグるので全体のオクターブを1上げる
まきまびで数曲繋げる
連結部分アレンジをする
まびっこに戻す
オクターブを1下げる
微調整
という地味にメンドイ作業だけどもう3回目なので慣れてきてしまった感
まびっこだと1拍単位の挿入・削除が出来ないからつなぎ目のアレンジで遊ぶ時やりづらいんだよね
他にも5年くらい慣れ親しんだ各種操作で出来ない物があるといちいちペースが落ちてしまうので
割り切って作業の場を移すことにしている

子守歌2からは最後にオリジナル部分を増設するという遊びも
チェロ縛りだしすぐ枯渇するかと思っていたけど全然楽しめている
インベテロは止まらない…!
からこその短編集化・リリース(公開)ですよ
とかなんとか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。