上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.12.25 煙突
か弱い出張演奏子の嗜み

メリクリでしたかコノヤロウ、皆様いかがチキンとかケーキとかでしょうか。
幾千万のリアルタンタ様方におきましてはお疲れ様でした(挨拶
23日樽で行われた
ミュージックコンサート
にお邪魔してきました





中央自キャラ基準のアングルも侮れないのだぞ

1次会で演奏したのは
「妖精の子守歌7」
ここ最近では収録曲数が少ない状況でこの演奏会を迎えそうということで
単品時にはなかった部分やらをクリスマスっぽくイメージして作ったぞ詐欺


7年半ぶりの開催というブランクを感じさせない
良くまとまった・盛りだくさんな素敵な夜でした
ありがとうございました















1部フリー二次会形式
2部主催団体によるコンサート形式という珍しいスタイル
コンサート形式オンリーという演奏会なら昔は結構あったなぁ
○ッサーショーとかも樽だったっけか、懐かしや
さておき
このハイブリット形式は実に理にかなっているなと真顔しちゃうだって以下略だもん
コンサートオンリーだと正直ハマらなかったらどうしようという不安がある
フリー部門があることでリスク分散でもないけど当日限りのわくわく感はあるよね
そうして暖まった会場で待ってましたのオンステージ
破壊力増やでぇ
プレゼントコーナーでその場箱開けとかしていたようで
リアルマネーを思うとどうなんじゃろ的あんにゅいもあったけど
きっと箱を開けることに至上の喜びを感じる人なんだろうと思うことにした

しかし主催団体楽師さんは凄いな
ジャンルの幅広さというのが凄い
誰かがやるに違いない曲は誰かがやった方が幸福党の真奈屋としては
誰もやらない曲という前提で作っていたしそもそも見聞が狭い
特にマビの曲とかさっぱりだよね!
やはり日常的に聴かせたい相手がたくさんいるという土壌によって育まれたスキルであろうか
強い…!(小並感



2次会は1次会以上にクリスマス感どこ吹く風的ファルコム祭りの様相
大はしゃぎの友人を眺めていたかったけど
ぶっちゃけ金土日辺りの疲労を火曜の段階で消化仕切れていないのはデフォだったので
久しぶりに盛大に仮眠を挟んだりも
復活と引き替えに撤退後直ぐには寝付けず負の連鎖を断ち切れなかったのも良い思い出
瞬間的に週3回演奏会的スケジュールはハードだった
だがそれも今年は演奏会納めだったし騙し騙しする価値は大いにあった
ということにしよう















「妖精の子守歌7」

【チェロ(幻想女性コーラス付)】


歌パート消失の危険性があったかもしれないのにうっかり作譜がCH移動してしまったけど
結果消えてなかった的オーライ

最近はもうバラバラに作ってくっつけるのではなく
はじめから子守歌MMLとして作り進めつつ日々最新部分を切り落として提供するスタイル
自然と子守歌としての位置づけ意識が高まり
序盤らしい序盤やら作為的になりつつあった
あと素人なので全然分からないし今後もお勉強を拒否し続けるんだけど
拍子やらも一定じゃないらしいのを感覚として気持ち悪く思っているので
子守歌時には繋ぎ部分にその導入的なクッションを挟んでいたり
そもそもクッションありきで作る為単品リリーズ時自分でも開始十数秒曲とシンクロ出来ない事案があったりなかったり
作為的と言ったところで全体の構想なんてないまま日々行き当たりばったりだからね仕方がないね

昨日から今日へと気持ちは変化し続けている
綺麗な状態で提供できる安定した気持ちを題材としていないんだからしょうがない
ずっと変わらないものってその実緩やかに劣化或いは少しずつ美化されていくものだし
変わり続ける今を切り取る方が誠実に違いない
とか言うてね
自分自身その内忘れていく揺らぎを
日記に記して客観的情報として残したいこともない
あの時はこんな曲を作っていた
そんな軌跡も悪くない
日記なんて後で読み返して良い気分になった試しがない
曲ならばどうなのか
というほど長く作っているわけでもないけどね

それはそうと段々曲時間を長く作ることが楽になってきたこのシリーズ
演奏会発表時躊躇われるので5分くらいに押さえるようにするかな
その気になれば8分弱くらいいけそうと豪語した
常時和音を2つも使う必要はない
それくらいシンプルな音楽が好っきゃねん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。