上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.01.12 始まりの唄
Im ready

ほぼ4時撤退今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
絶対大丈夫だよ(白目
キ、樽で行われた
第104回 演奏家の集い
にお邪魔してきました

ジョーに汚染されたユニコ広場を離れてのティルコ開催
私の知る限りこの演奏会がダンバを飛び出したことは初なんじゃないかとか
あちこちお邪魔しすぎて定かではなかった





むぎむぎ

それはそうとさくっと演奏
「妖精の子守歌9」
「226」



なかなかないショット

もうそろそろ落…
あの人が弾くのか手伝わねば!
今度こそ落…
うわぁあの人超久しぶりだ聴かなければ!
と謎の使命感ループでずるずると4時頃まで長居してしまった
そんな素敵な夜・或いは朝でした
ありがとうございました















演奏会初参加やら何やら新人系楽師大豊作だった感
私の樽での演奏撤退がにわかに真実みを帯びてきそうなくらいに凄い勢いだった
ノンストップで4時までだもんなあ
もっと続いてたらしいけど。
しかしお世辞にもアクセスの良くない開催地でありながら100人超とは
大盛況だけど大半が楽師だったみたいな演奏会に比べると本来のあり方に近いんじゃないかとか何とか
弾ければそれでいい
楽師だけの集まりならもう演奏会じゃなく楽師のたまり場にいつでも集まればいい
そうじゃなくて聴いて貰いたいから演奏会なわけだし観客数・観客の割合が多いのは良いことだ
それはそれとして人が多すぎるとどうしても演奏に無関係な雑談というのも起こりがちだけど
愛のある野次以外は自重するべき
この場合演奏関連のテクニカルな話題もその時流れている演奏内容に無関係であれば迷惑行為
それこそ会話用PTやメッセを活用するべき
最近は基本静かに聴くということが出来ない人が増えてきたかなあと思った
本当に感銘を受けて賛辞を送りたいのであればメモ機能やなんかを使えばいいし
少なくとも演奏終了まで待てばいい
たちの悪い酔っぱらいじゃあるまいし今正に演奏を始めた人に即話しかけるということへの違和感
尤もそこら辺は話しかけてくれて嬉しいというケースもあるから一刀両断とはいかない
私自身の場合で言えば最近絡まれてると感じる、嫌だと思うケースがあるとだけ
脈略無くいきなり弾き始めたわけでもない
演奏会という場であるだけにね

さておき特別段取りの悪い人なんていなかった印象だけどこの大盛況・長い夜
21時開催復活ちら
とだけぼそっと。
まあ主催者様の都合第一なのでしがない出張の身でとやかくは言えまい
逆に22時までの早番の司会を毎回募ってそれすら楽しんで貰うという発想もまた無責任か
どこかの演奏会で21時スタートだったから参加することが出来た~みたいなことを耳にしたりもしたし
早い時間の需要というのはあるのかもしれませんぞ(くどい



今回私自身忘れていたワンフレーズを元に友人がアレンジ曲を作り演奏してくれた
こんなにサプライズなことはない
また放出するかな
まあ作ろうと思えば先を作れるのでなかなか候補がないんだけど
楽しく作れる気がしないので放棄というのは間々あるはずなので
主に整理が出来ていないおもちゃ箱から引っ張り出すのが面倒なのは秘密だ















「妖精の子守歌9」

【チェロ(幻想女性コーラス付)】


2015になってからの最初の1作
ではなく去年の内に完成・とっくに聴いて貰っていたものの温存派
温存派と言ったなあれは嘘だ(2015初子守歌でした
そろそろ個々の曲単位だと40近くいっているんだろうか
そんなにあったら次第にかぶりはじめるだろうね、しかたがないね
5分~6分近い短編集が9曲目だし
一通り聞き直すのも物理的に大変だった
まびっこに作譜ランク度外視で連結させたものを作っていたりするけど
とても重宝しています
昼寝する時に。





「226」(調律無しチューナー必須状態)

【ホイッスル】


【フルート】


正直コンドル以外にはその演奏会に向けて曲を作るという熱意は無い
無いながらもささっと作ることは出来るといういつもの
ティルコ・麦畑が見えるシチュエーションでの演奏ということで環境依存型の曲にしてみた
どこを開催地にしてもそれが固定された場所だと要素の一つとして弱い
恐らくたった一度の風変わりな開催地ということでそれもまたテーマとなる
今回私以外にあの場所という要素を取り入れた作曲・選曲をした人はいなかったようだ
それは多少残念ではあるか

伴奏ははじめリラ辺りで付けようと思っていたけど
逆に伴奏無しというスタイル
それだけ聞くと手抜きと思われるだろうけど
いざ人前で演奏するつもりで作ると不安になる
不安だから伴奏を付けたくなる
その衝動に打ち勝ったった
とか物は言い様
フルート・ホイッスル
どちらがメインかはさておきエコーをかける時贅沢にエコー枠で増設するという使い方もまた
確かコンドル辺りで学んだこと
勿論その調理法教えてください!なんて無粋なことはせず自分自身の総力を結集して盗み取ったんだけどね
大げさなのはさておき
同じ楽器2つでやるより違う楽器でやった方が良く聞こえることもある
といっても実質フルート・ホイッスルの組み合わせしかないだろうけど。
単体エコーだと不可能なことをしたい時なんかには特にオススメか

新年早々紅白演奏合戦で熱いスタートだったけど
通常運転の中で楽しんで作れたのはさい先が良い
東京ガスだかのCMにあったフレーズだけど
本当に好きなことなら失敗しても楽しい
失敗しても楽しいことを知っている私は恐れを知らない
石橋を叩いて渡る必要がない
なぜならその浅瀬に落ちてばしゃばしゃ歩くことも楽しいのだから
今年は出来ない畑から新人楽師が生まれてくるといいなぁ
要約:みんなはじめから凄い人ばっかりやないか!
だがそれがいい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。