上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.08.30 幻想曲
まあなんて綺麗なインベントリ

8月も末へと今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
汗をかかずに過ごせるとか逆に怖い(挨拶
昨晩は樽で行われた
TRF(タルラーク ロック フェスティバル)
にお邪魔してきました





左側でログウィンドウの縦幅最大にして拍手ログ撮影中だったのは秘密

そこは真奈屋なので早い出番を所望
見事競争率ゼロの中トップバッターの座を掴み取り演奏してきたのは
「Gift30秒CM風」
「323」
「326」
「妖精の子守歌30」




ずらー

競演に次ぐ競演
やはり雰囲気楽師もどきとしては先行逃げ切りが正解だった
そんな素敵な夜でした
ありがとうございました

















「323」

【ピアノ】


【チェロ】


とりあえず取りかかってみたTRF用新曲の中
3,4つ目くらいでようやく進めてみようと思った曲
何気ない試行の中でオープニング感がしたのが決め手かも

ソロ曲じゃつまらないというか
二人で一緒に演奏したいから二人合奏を作ったのが本音
結果チェロ合流ポイントがやたら遅いあるある
元々は動かないパートであるチェロをお願いしようとしていたけど
最終的に自分が全4楽譜一貫してチェロということに落ち着いたのでそれもまたよし

何かを起こそうという気がない曲ではあったかな
少しでも多くの人の心に爪痕を残そう
褒めて貰いたい
そういう目論見がない状態になってはじめて気楽に作れる
打率を気にしなくなってからが本番とか何とか。




「326」

【ホイッスル】


【チェロ】


組み合わせの妙というか
チェロを不動の物とした上で
合わせる楽器一つ変わるだけでも印象が変わる
そういう面白さを烏滸がましくも知って貰いたかった
ホイッスル=晩夏という個人的なイメージがあるからなのは秘密だ
ちょうど涼しい日が続いていて良かった

特定のフレーズを繰り返す中で周りを変化させていく
いつかのコシヒカリ畑のような作りでもあったのかな
加えて合奏ならではの
フレーズ担当のスイッチも入れてナチュラルにかさまし
食べ応えがあると錯覚させる工夫である




「妖精の子守歌30」

【チェロ】


お嫁さんに捧げている大体毎日曲
の集合体である子守歌シリーズも気付けばもう30
再生時間だけで見るともう何時間分なんだろうか
価値や需要はさておきCD化も1枚じゃ収まらないレベル
これからもずっと作り続けたい
そんな想いもあってTRFの舞台で弾くことを決めた
とか言うてね

歌パートを入れると高確率でch移動・ログアウト時同パートが消滅してしまう手前
はじめから入れない選択をしたとかなんとか
その内演奏キャラ自体の作曲ランクが1になったらその心配はなくなるんだけど
2パートしか鳴らさない曲で勝負したかったということでひとつ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。