上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
費用対効果に優れるでもないけど作るMMLがオリジナル9割以上の昨今
たまに耳コピなんてしようものなら錆び付いていて余計腰が重くなるわけで
完璧に聞き取る耳があれば苦労しない
今回は出来ない畑のみんな、集まれー
的ななぜなになでしこ回である。




出来ることからやろう

基本私はボーカル曲しか耳コピしないもので
メインメロディー=ボーカルということになるのだが
耳コピMMLを一曲作るとき一番分かりやすいボーカルパートだけ一気に聞き取り譜面(ツール上の)に置いていく

ここで問題になるのは私が併走フェチだということ
原曲と制作途中のMMLを併走させ一分の狂いもないテンポ設定を目指す
のだが極稀にボーカルの歌い方がフリーダム過ぎてどうにも譜面に綺麗に置いていけないことがある
更にやっかいなパターンとして曲全体のテンポがもの凄くアナログな変化をしていることもあるが
そんな時は納得がいくまでこまかーくテンポ設定するかすっぱり諦めよう
すっぱり諦めた曲は数知れずだがさておき、
ボーカルだけが変則的な時
次に(私の場合)聞き取りやすい低音のベース?を優先させる
このパートがフリーダムなずれ方している曲ってほとんどないと思うのでテンポを固める指針になる


程ほどにやろう

ボーカルを真っ先に置いていくと言ったな
あれは半分嘘だ
というのも大ざっぱに置いていくことだけに留め
ディティールをこだわる作業は後回しにすることをオススメするから

出来ない畑ピープルあるあるとして
聞き取れない箇所で何十分或いは何時間も立ち止まってしまうというのがある
そんな時は残っている他の作業を進めることが良い気分転換になると経験上自称する真奈屋は喜び勇んで後回しにする
その結果聞き取れない箇所が最後まで残ってしまったとしよう
自分には聞き取れないということにして乗り切る場合
先に前後が固まっていれば妥協というほど弱気ではない自分なりの答えを出しやすいのだ



最終的には

それぞれが自分にあったやり方をするに限る
はい、身も蓋もない

1パートずつ一気に置いていくのもよし
時系列に沿って全体的に作り進めるもよし
その時々気分で織り交ぜるもよし

1パートずつきちんと音を拾えてるはずだけど途中段階を聴いてみてもしっくりしない
そこが不安というかモチベの足り無さに繋がる場合は
全体的に作ることで最終段階のイメージを早い時期に掴み自信を持てたりもする
私の場合は前奏を納得のいくレベルに持って行けるかで作りきるまでのモチベが足りるか計ることが多い
同時に曲全体として何の楽器を使った何人合奏になるのかも早めに固める
経験値からくる洞察力だと思うのだけど
最近は途中になってから同じ楽器を2つに増やしたりはせず
早い段階で「2つ必要なのだ」と感じ取りそうしていく






という耳コピ中の気分転換な覚え書きでした。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。