上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018.04.11 霊剣荒鷹
こたつをこーたついでに

へぇ、1月末の出来事なんですか(遠い目
こちら向きもこれで最後だった感

コンドルの袂で 第74回
にお邪魔してきました

そこは真奈屋なので当日枠で新曲を演奏してきたはず


二日目もたっぷり参加
やたらこたつだったことと楽しかったことは覚えている
そんな素敵な夜そして朝
からの昼、更に夜でした
ありがとうございました










「866」

【フルート】


【ピアノ】


【チェロ】


【シロフォン】


♪ どこかの誰かに向けて
♪ あの日贈った歌は
♪ 妖精に姿を変え
♪ ボクの元へ
♪ 舞い降りてきた
♪ 素知らぬ顔で
♪ ゆっくりと
♪ 近づいてきたね
♪ 真っ直ぐに
♪ あの時最初から
♪ 熱い視線向けられてたと
♪ 後で知って
♪ 今も笑ってしまう
♪ ボクなんかの話を
♪ 楽しそうに聞くなんて
♪ キミはとても変わっていたよ
♪ 気づけば毎週
♪ 気づけば毎日
♪ 一緒にいたね
♪ 話題を探してしまうこともなく
♪ キミがボクの餌付けに
♪ 成功したことで
♪ 話しかけられやすい
♪ ボクに変わってしまったよ
♪ 自分のことのように
♪ それを喜ぶキミが ボクの
♪ 一番好きなキミだから
♪ 怖くなかったけどね!
♪ 何度生まれ変わっても
♪ キミに巡り逢いたいと
♪ お芝居のようなセリフが湧き起こってくるのは
♪ ボクの閉ざされた心
♪ キミが開いたからだよ
♪ ふたりだけの物語をさあ
♪ 歩いて行こう
♪ でこぼこだらけのこの道を

前回「スポットライト」での燃え尽き感が凄く
じゃあ特別なものは歌えないけど日々の当たり前のものを歌えばいいねってことで安定のベクトル
自分自身つまらないものというつもりはないが
これ以上もこれ以下もなく
自分にとっての適当を歌ってこれたかなとは思う。












二日目ではたぬきのファンと自称する三人が私のためにオリジナルソングを演奏してくれたという…
古くは耳コピ時代
才能がなくてもやってみればこの程度のものは作れる
この程度のものでも聴いてもらうと楽しい!嬉しい!
みたいなことを体現していってたけども
残念ながら私の活動をきっかけに楽師の道を歩み始めた人はいなかったと思う。
そしてオリジナル時代へ
やらない内から出来ないと決めつけることを良しとしない
意地なのか何なのか続けていたら
耳コピ以上に聴いてもらうのが楽しかった
オリジナル曲を作る人が増えますように
そんな歌もたくさん歌ってきたことさえ自分自身忘れてしまうほどに。
私がきっかけとなってオリジナル曲を作ってくださった
たったひとりでも信じられないほどの喜びだったのにまさかふたり目までも
あ、ゲームクリア…
とよろめいたのは言うまでもない。
しかしそれじゃつまらないし
ライバル出現に更に胸を熱くし邁進するのみだ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。