2019.08.18 未完の仕事
たん

暑が夏い今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
エアコンを躊躇わず使うことにも大分慣れてきました(挨拶
寝落ちの多い演奏会

襟で行われた
コンドルの袂で 第83回
にお邪魔してきました

そこは真奈屋なので
当日枠トップバッターで演奏してきたのは新曲「花束(仮)」

兎にも角にもコンドルは最高ね
そんな既に曖昧になっている記憶を誤魔化すための適当かつ適切な締めでした
ありがとうございました。















大人数合奏大いに結構
しかし大人数だから時間がかかっても仕方がないとか
みんな時間がかかってるし僕も私も時間がかかっても許してもらえるだろうとか
そういうのは好ましくないかな。
現時点での力不足を責めることはしないまでも
次やさらにその次、少しでも改善していくような人が好ましいです
私の場合好ましくない人の演奏はその時点で楽しめない
MMLとしての出来が素晴らしいかとかは二の次の気分屋でした。
「お時間取らせてすみません」と言葉を並べる人より
言葉数が少なくても着実に成果を出す人を応援したいかな。









「花束(仮)」

【フルート】


【ピアノ】


【チェロ】


【シロフォン】


【Tバイオリン】


♪ また 会いたい人や
♪ それでも会えない人が
♪ 月日を重ねるほど
♪ 増えていくけれど
♪ また 会えた時には
♪ 悲しい顔させたくない
♪ 笑顔になってもらえる
♪ 自分になりたいな
♪ ちゃんと やりたいことしよう
♪ やらなくちゃと
♪ 苦しむことはやめて
♪ 美味しいものを食べて
♪ 好き嫌いも大目に見よう
♪ 会いたいと 悲しむこと
♪ 責めないで
♪ そのまま受け止めて
♪ ただ 一緒だから
♪ 楽しかったことも
♪ 思い出して
♪ 喜びを 集めた花束を抱いて
♪ それでもまた泣いて
♪ 食べて笑って
♪ 遊んで寝て
♪ 歩いて行こう

私にとって大きな別れがあり
理屈の上では折り合いも付いている
だけどずっとそのことに気持ちが引きずられていた
といっても決して悲しみに暮れる日々を送っていたとかではないんだけど
この事を避けて何か楽しい歌を歌おうと思っても今は無理
そう、泣きたいでもうつ向いていたいでもなく歌いたかったのだと終えてみて気付いた。

実現できているかはさておき
私だけの日記帳のような内容ではなく
ある程度みなさん自身の体験にも重なる所があるような
そういう感じを目指して作ってはみた。
涙枯れるまで泣くべきとか
こういう時こそ楽しいことをするべきとか
押し付けっぽいべきをべきべきへし折っていくスタイル
その人だけの目の前に広がる今を全て大事にしていこう
なんか元気が出ないな
でもお腹が空いたから美味しいものを食べたいな
みんなと遊ぶとやっぱり楽しいな
だけど一人になるとちょっと泣いてしまうな
どれが良くてどれが悪いと選別して良いことだけしようとか
悪いことだけしないよう気をつけて良いこともしないでいるとか
そういう極端なことは長くは続かないからね
さじ加減は難しいけれど
以前よりしっかりしようだとか無理はしないでいようと思っているのでした。


久しぶりに聴き直してみると思ったより大人しい仕上がり
もっと軽快な感じだと思っていたらのっぺりとしていたでござる
尤もこの辺は意図的にテンポを遅くしたりしているのはある
一夜限りの歌なんだしスタイリッシュさを捨てている(やって出来るかはさておき
何度も聴いてもらえばいいやと思うはずもなく
ただ一度の機会に歌詞を汲み取ってもらうにはシンプルさやゆっくり丁寧さが求められるというのが持論
それはそれとして一夜限りだとしてももっと足掛け期間を長く取りじっくり作る方が良い、作る方が良いと思う、作る方が良かったのに。