久しぶりの陽気に窓など開けてみる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
だが、掃除は先送り(挨拶
さてさて珍しく宣言どおり.hack G.Uの感想とか行きますよ
多分にネタバレなんで未クリアの人はやめといた方がいいかも。
マビもしないで夢中になるほどおもしろいの?
って人はやっぱりやめといた方がいいかも中古価格暴落時の参考程度にどうぞ。

またついでにピンポイントでのファジーな攻略も掲載予定
私がプレイした中での困難ポイントとか
もし次があればここはこうするみたいな所を覚えている範囲で紹介します。

大丈夫、脳年齢25歳の記憶力を信じなさい!

「最後の計測が2ヶ月前のくせに」

/ ,' 3  `ヽーっ










不真面目な感想とか


Vol3の感想を簡潔に言うならば

ちょwオーヴァン妹にゴスロリとかwww
ちょw榊引っ張りすぎでうざいwww
ちょw八咫様www

というのはまず外せない。
んな訳でまずは不真面目な感想。

ラストのハセヲの表情はもう女の子みたいに切なくて全国の腐女子の皆様にはたまらないんではなかろうか。

今までの
ハセヲ×エンデュランス
言わずもがな
ハセヲ×望
お、お兄ちゃん…ぼく、ぼく…!!(ry
の王道パターンに加えて実はオーヴァンもかっていう新事実
正にハセヲの真実でしたね。

アトリ志乃揺光の3強に加え
結局タビーも出てきてボルドーまで
っていうもてもて君だけだとありきたりですが、
性別を問わず人をひきつける所に好感が持てますね。
かといって大火のオッサンエンディングとか見るのは気が引けますが
そこはやはりゲーマーを自負するので外せないというか。


真面目な
感想とか

正直再誕発動までは
ハセヲがオーヴァンに利用されて軸の為に妹とか後付の設定なんじゃないかとか思っていましたが
自己犠牲やら何やらを見て納得できたという感じ。
全編を通してハセヲの成長する様には好感が持てる
それでいてPKK時代の名残もあり時には踏み外しそして踏みとどまる
全てが入っていたのが尚良かった。

難点をつけるならば
揺光があのタイミングで復活したことと
志乃がラスボス倒すことで復活したみないなところ。
この辺の謎解きは何らかの媒体で成されているのだろうか
ちょっと気になった。
揺光は再誕後に復活で良かったような気もするし
志乃もまた然り。

ヌルゲーであったことは何よりも好感が持てる。
基本的に勝てない敵にぶち当たっときはレベルを上げればいいという単純な仕組みなので
このアイテム・装備がないとまず勝てない
みたいなよくあるパターンよりは実はずっと楽である。
シナリオ的なクリア自体はハードルが低く
壁紙やらの収集に関しては相当やり込む必要があるというのはうまいこと出来てる。
また前作Vol4のミア復活はあまりの難易度に諦めたが
今作の最終要素のタビーとエピローグは圧倒的にぬるかった。
これについては後述。

前作は割と主人公が薄く淡白であった為パロディーモードと合わせて一人前という感じだった。
パロディーモードは難易度が低下しているとはいえ、
やはり一度歩んだ道を再び行くだるさというのはあるし
後半のボスだと油断すると普通に死ぬしきつかった。
今回は主人公の想いが重要視され濃いストーリーで
一度のプレイで満足感を得ることが出来る。
そして前回の4部作に対し3部作
価格的にもそうだし時間的にも負担が少なくなって良かった。

ちなみに今回私はシナリオを楽しむことを最優先としたので
次が来るまでの間だらだらアイテム収集とういことはせずにモチベーションを保ってきた。
結果フルコンプを目指す場合再びVol1からやり直しとなってしまうが今のところ後悔はしていない。
正直再プレイで極めるのは相当だるい。
PARでも買おうかって気にさえなる。
だがしかし料理のソースまできれいに食べるという賞賛の如く
私はあえて時間を割きマニュアルでやり遂げたいと思う。
いつか、きっと…



攻略とか

オーヴァン戦
八咫を誘って聖堂~三騎士戦~

この二つは明らかにレベル不足で行き詰った。
どちらもボスの常套手段・強制ムービー攻撃で瀕死または死亡するようでは足りない。
そんな状況下ではいくらアイテムを駆使してもたぶん無駄になる。
目安としては
レベルが適正:攻撃が弾かれるエフェクトが無くなり仰け反りも生じる
レベルが過剰:ほとんどガードを意識しなくてもHPが減らない
レベル上げの際には現在レベルよりも5~10くらい上の所へ行けばいいんじゃないだろうか。
シナリオ進行に関係の無いクエスト屋クエストをこなすのもあり。
もちろん経験値アップの装飾品も併用を推奨。
オーヴァン戦は覚えていないが
三騎士戦はレベル135で楽勝であった。
135だとまだ封印獣戦は楽勝ではないので主要メンバー以外の回収は後回しが良さそう。

双銃が使えるようになってからは双銃・連射パットがおすすめ。
単発が弱いとはいえ攻撃しつつ移動が可能なのでガードせずに回避をすればあるいは…といった感じ。
初期の銃でもチート改造を2回施すと装填数が12になるので十分痛みの森クリアまでいけた。
装備のコンプまでする人は逆にチートコードは温存しておいた方がよさそう。
ただ他の武器に比べて明らかに連撃の頻度が減るのでそこはパーティーメンバーと同じ敵を狙うとか何とか。



痛みの森

タビー回収、ラスボス撃破自体は実はそんなに大変じゃない。
5区画ごとのお題にクリアするとボーナスアイテムが貰える仕組みだが
そもそも真のラストダンジョンで強力なアイテムを入手しても一体どこで使うのか、
あくまでシナリオが目当てで挑むのならば必要ないという考え方も出来る。
実際51区画から無視してもラスボスまでに苦戦らしい苦戦も無かった。
そこでノーエンカウントの装飾品+アプドゥでひた走る。
50区画まで体当たりをした結果ノーエンカウントの素材も確か宝箱あたりから出た。確実なのはまた別のルートらしいので自己補完よろしく。
大体レベル148までいけば後はボス戦だけで150に到達する感じ。
なのでノーエンカウントを駆使し倒しやすい敵だけを倒していればいいっぽい。

タビー再会イベントは志乃がいると内容が変わるらしい
最初の突入時に志乃だけセリフがあったのでたぶんそうなんだろう。
一度に両方見たい人は45区画だかのセーブポイントでセーブを忘れずに。
踏破することで起こるエピローグは人によっては見合わないかもしれないって感じ。
Rootsから見てる人ならいいかもしれないし
G.Uだけ進めている人ならあまり価値を感じないかもしれない。
見た後にはもうイベントは無い様なのでそれも参考にどうぞ。



クリア後の仲間

タビーは上記の通り痛みの森50区画まで到達すること。
なつめはまずカオティックPK7人を全て倒す。
するとよもやまBBSに書き込み発生
その後もPK狩りを続けるとなつめが出現、倒す
よまやま(ry
後は誘導どおりに。
たぶんPKは特定のエリア・エリアレベルとかの条件はないと思われる。
1,2のワードを一番上のもののまま3つめ狂戦士で挑み続けたところ
毎回同じポイントでのPKフィールドを確認
多少根がいる。
痛みの森での用を先に済ませておけば苦戦もないだろう。



おまけ

タビー・なつめのメンバーアドレスを入手するとメールが来てプロポーズのグリーディングカードを入手。
高感度MAXのキャラに送ると結婚式へ。
エンデュランス以外の男キャラはおろか明らかに中身の無い三騎士でも可能なんだとか。
高感度上げは3rdワード焼肉定食でゴットチムチムを倒せば楽に上がるんだそうな。

Secret

TrackBackURL
→http://manayahonpo.blog48.fc2.com/tb.php/351-30e9bf7b