掴みはバッチリ

なま暖かい強風に阻まれながら自転車をこぐ今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私がいつも降りて押して上がる坂道を悠然と駆け上っていく外人男性
す、スペック不足であって体力的な問題じゃないんだからねっ!!(向こうMTB・こちらCROSS
いや~膝痛めてもよくないしね

「プラス精神的な問題キタコレ」







さてさてSSはプリンセスクラウンのゲーム開始画面を彷彿させるような一枚ですね、ローズオンライン。


あるタイミングにおける防御厨な結果

人によっては若干
人によってはかなり
グラフィックに難ありという感じがしなくもないですが、
百聞は一見に如かずということである程度進めてみるというのがこの放浪記。


ついついどこの世界でも戦士を選んでしまいますよね

一次転職がレベル10であり上がり方も割といい
あっちゅうまにソルジャーの誕生です。
しかしこのゲームお使いクエストの移動が異様にダルい。
進めていくことで入手可能になるという車があるんですが
どうもそれを前提としているとしか思えないような距離・速度なんですよ。
一見さんお断りって無料オンラインゲームに思いっきり反してますよね。


褐色キツネが実は細部がキモイとかいうレベルじゃねえぞ

んでソルジャーじゃ具合がよろしくなくてホーカーという職業の新キャラを作ろうとか。


ズームはしない方が身のため

真奈屋パッシブスキルであるゲーム慣れを駆使すれば2度目の試行はそれはもう効率厨。


割といい感じではあるんだけどね…

なんか今まで試した中では一番いいかなって思えたんだけどね。
やっぱり遭遇してしまうんですわ、辻補助に。
車で近づいてきてね、しばらくまとわりついて
んで降りたと思ったら補助ぶわーってかけてくるんです(かけてくれたんです?
基本お礼も言わずに立ち去る真奈屋なんでとてとて行ったんですけど付いてくる感じだったんですよ。
なんで一旦落ちたりね。
ちなみにその間向こうからも一切チャットは無し。

出会いのきっかけとしての行為?
一方的にかけておいてお礼言われるのが好き?
私というシステムには組み込まれていない次元なんで答えは出ませんが。
こちら側の主張というか言い訳は、
身一つで生きていくというスタイルが好きである
補助でうまーであっても効果が切れた後の時間の方がはるかに長いので夢見させないでくれ
なんて思うことで罪悪感と日々戦ってるんですけどね。

ていうか車に乗っていたと言うことは
後で調べて分かったことなんだけどレベルが最低でも50あるという
超絶レベルが離れてるんだよね。
大抵レベル格差があると一緒に狩りをしたりって成り立たないように出来てるじゃない?
かといってひたすら補助・回復されつつおだてられオンラインとか死ぬほど嫌いなわけ。


もうあれだ、
辻補助があるという前提で行くしかない。
じゃあせめてそれをさせないような対処が必要なわけだ。
だもんで改めて職業を調べ直したところ
ホーカーは自己補助スキルも豊富なのでソロプレイに向いている
みたいなのを見つけたわけ。
こんな理由で選ぶ人は普通いないだろうなあって同時に理解はしてるんだけどね、譲れないわこの熱き想い。

ちなみにこのゲーム
無課金状態だと同アカウント内の倉庫共有どころか倉庫の使用すら出来ない。
それはいいとしても
フレンドリスト機能も使えないんだって。
仮に一般の人が上級者に親切にしてもらってフレンド登録しましょ~^^
とかなった時になんだこの無粋さは。
しかも基本コースっぽいのは30日1500円と激高
どうやらこれは無課金に合わせるか死ぬかどちらかの選択っぽいなあ。

今回も面白いというほどの要素はまだ見つかっていないんだ。
ただシステム面でのストレスが少ないという非減点要素があるっていう。
ただ実際は辻補助うはおkな私の嫌うタイプっぽいことや
やっぱりただただ戦闘してレベル上げていくこと自体には意味を感じないこと、
ざっと調べたところファッション面ではそんなに多彩じゃなさげだったりと明るくない。
いよいよもってマビに出戻りケテーイな悪寒がしてきましたよ?
もういっそオフゲに戻った方が楽しいというのは割と正解っぽいんだけど禁断の選択。
だってほら、オフゲじゃブログ書けないじゃん?


あ、これだけだとまるで悪い人なんで(あながちハズレてもないが
ちょっともう一品。
ちょうど同じくらいのレベルっぽい人にオープンで質問されてね
やみくもにスキル上げてっちゃやっぱまずいかなぁって。
全然詳しくないんで上級者に聞いてくれます?マジ無理なんですけどwww
とか言うことも可能だったんだけどね、
たぶん上げない方がいいスキルもあるんじゃないっすかねぇ
と超無難な返しをしましたよ。うんえらいえらい。
上からものを言われるのが大嫌いですが、同列で礼儀を欠いていないそれならば拒絶はしない。
そんな真奈屋のわずかな可能性がかいま見えましたね。
それでは皆様さよなら3









あ、マビにnproだかなんだかが装着されましたね。
全然ふつーに起動出来るし重くないんですけど!
はい、スペック自慢です。

「ちょ、おま」
Secret

TrackBackURL
→http://manayahonpo.blog48.fc2.com/tb.php/393-0467f4dd