2007.05.22 揚げ物
火災現場じゃねえYO

た、たーまやー(挨拶
各所で見かけたまるっこい顔に影響を受け
努めてまるっこくしてみました。これでも。
ていうか毎度画像サイズ大木杉ですね。これもひとえに最後までイメージが固まっていない見切り発車絵によるもの。この進歩の無さが真奈屋クオリティー。
ていうか後ろ髪空間が透明なままだった(゚∀゚)


とりっくおあとりーと

ハンター大全2を今更購入し長身描きたいと思って練習的な何か。
これって時事的にちょっとアウトだたね
えっと、カボチャとかスイカに脳内変換してください。
もしくはこのスタイル自体がなんかのキャラクターの仮装だったんだよ!!1(逃

なんとか高校生くらいには見えるといった感じ
結局の所王道的な比率を意識することが必要とはいえ
回数積んで自分の感覚に置き換えないことには納得がいかないだろうなあと最近は思い始めてます。


えび銃

ゲーム内で実際に見ることが無いまま引退してしまった装備って結構ありました。
とはいえこれからドスに戻るつもりもないしフロンティアデビューするかどうかも微妙です。
ちなみに上の画像の衣服レイヤー差し替え版ですが
下絵の質がたいしたこと無いのでだいたい2着くらい遊ぶと息が詰まって次の絵を描きます。

MHの装備とか超細かくてウボァと思われましたが
実際描き始めてみるとそんな苦痛でもなかったです。
むしろ事細かな設計図が存在しているということでしょうか
シンプルな服の方が書き手に左右されるのかもしれません。





大全2
正直舞台背景についての文章情報とかどうでもいいです
ひたすら装備品・モンスターに関しての資料が欲しいのです。
モンスターに関してはゲーム内CGのみで資料画無しのものが目立ちました。
前作である大全には登場しなかったモンスターでそれやられちゃうとお手上げですね。
装備品も前作とかぶってるのは全て省いても良かったんじゃないかとか思いました。
そこら辺は変に攻略本っぽくかぶっていてもGにもドスにも登場するから未掲載とはいかないという意識でしょうか。

モンスターハンターフロンティア
今見てきたら夏より正式稼動とのこと。
最初が冬だったのでだいぶ(笑)なようでもありますが
同時に力の入れ具合だと思えばポジティブシンキングなんでしょうか。
PS2でプレイ可能という敷居の低さから人気が広まったMH
故に低年齢者が多くマナー面でのハズレも多かったMH
PC版ということでプレイ可能スペックが高めと予想されるため
必ずしも今までの層がそのまま来るとは思えない今作。
まったりもふもふであるはずのマビノギでも味わった現実
効率プレイが当たり前的ネトゲ観
PC版MHという存在よりも
運営によるコミュニティー支援ツールなりイベントなりのサポート
何よりもハンター達ひとりひとりの心
果たしてどうなる事やら。

従来のMHシステムにおいては
どれだけプレイ時間を積んだかで資金・装備面から強さを得て
一定地点を過ぎると装備集め尽くした等の壁から引退コースというものでした。
それが本流として無印・G・ドスと次第に巨大勢力になっていた気がします。
真オンライン版としてイベント・装備品の拡張が見込めるとはいえ
結局の所どんな出会いをしてそれを育んでいくかというゲームなのです。
底が浅いだけに。
誰が求めた方向性かは知りませんがMHは確実に
用意されたメニューを食べ尽くしたら引退というシナリオを前提にしたバージョンアップをしてきました。
私の場合元々人付き合いとか出来ないタイプなのであてにはなりませんが
一度きりで終わらなかったフレは無印の時にしか出来ませんでした。

フロンティアのデータ的な要素にはあまり期待していません。
ドス・ポータブル各種の要素を引き継ぎつつちょこっとオリジナルでしょうし。
来る新天地において
狩猟が好きなハンターに
本当の意味での遊びを知る人に
そしてかつての仲間達に
出会えるのか否か
それに尽きます。
その為には私自信今一度心を開いてプレイしないといけないわけですが
それが一番ネックだなんて口が裂けても言えない。








そうそう結局ここで続けていくことにしました。
まあ全部が全部ハイテンションじゃなくてもいいよね
このコーナーは投げやりのオチ無しの自虐連弾でもいいよね
平たく言えばブログの使い分けがメンドイだけですが。
Secret

TrackBackURL
→http://manayahonpo.blog48.fc2.com/tb.php/496-2c847bde