2007.06.11 成れの果て
小出し

課金が切れる前の最後の土曜日にあの世へ送り出そうだとか
前日にはご無沙汰だった露店を一度限りで復活させようかとか
30日間のサービスをいかに勿体なく無い過ごし方をするかばかり考えてしまいがちな今宵、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。
どう見ても自分でつまらない方向へと導いています、本当にありがとうございました(挨拶
元々意識しないでいると線画もそこそこに
塗りも適当に
現状のベストすら尽くしていない絵を量産しているわけですが、
かといって変に決まり事の多い絵を描こうとすると強烈に飽きたりして
MHやる時間のが増えてきた感じです。

MHは心を写す鏡
格下にあわや大惨事
格上になんの準備もなく挑み返り討ち
見積もりを誤った挙げ句タイムアップ
醜態に次ぐ醜態。
集中力も誇りも勇気も
かつては持ち合わせていたはずのものがそこには見あたらない。


絵の方も
はじめの頃の方が意欲的であった。
何しろ全てが挑戦という所から始まったのだから。
今は持ち合わせているスキルに合わせて描くものを決めていくようなことがよくある。
短時間でぱぱっと出来るものしか作らないみたいな。
全く持って本末転倒
何よりも上達し続けることを目標にしていたはずなのに
毎日一枚適当に描いて適当に塗ることにすり替わっている。

なんて考えていたらお礼用画像はどんなネタ絵でもなく
何はともかく入魂の絵を用意することこそではないかとか。
そう思った矢先ネタ6:絵4みたいな感じで乗り切ろうという臭いがプンプンする構想が浮かんできたりね。
元々コンチクショウ的なパワーには優れていても平和な状態でも自分を律することが出来ないだらしなさなので
これからもなりゆきまかせじゃうだつがあがらいに違いない。
何か制約でも付けてみようかとかもやもやしつつ夜は更ける。

しばらくは色塗ることはせずにラフのクオリティー向上に努めますかねぇ。
そもそも塗りといってもせっかくブログで公開するなら~的に最初だけちょろっと検索して以降ロクに上達のためのアクションを起こしていない。
描いては心を耕しを繰り返し
昔は頻繁にあった強烈なイメージのインスピレーションを具現化するための受け皿を作り出すのが真っ当かな。
そもそも降臨する度自分に絵の才能があればとか悔しいふりをしてたのが嫌ではじめたんだから。









以上どこやわ恒例の
勝手に盛り上がり
上がり上がり
上がり上がり上がり
上がってた分余計に自己嫌悪
ループでした。

「分かっていても繰り返すんですね」

だがそれがいい。

Secret

TrackBackURL
→http://manayahonpo.blog48.fc2.com/tb.php/525-dff73d2a