2007.07.28 唐竹割
こんなのもともと存在していたベクター画像でちょちょいのちょいなんだろうなあとか思ってしまう今日この頃

土日祝日はむしろプレイするのが億劫な今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
ある種の美学と共に脳汁をスパークさせるソロプレイ中にHR1の乱入者。あなたならどうします?(挨拶
ちなみに私は離席中乱入なら隙を見て脱出
はち合わせなら真っ向から叩き潰すお断り
無言なら無言返しです。

自分より相当高ランクの人が一人でいるところを狙うとか
非・常時4人PT必死杉プレイヤーつまりのんびり暇人だから手伝わせような魂胆丸見えで萎えます。
万が一悪意無く迷い込んでしまった場合に限りその姿勢態度熱意によってはレクチャーしてあげないこともない。
すげー偉そう。だが本来プレイヤーはみなが偉い。
ある目的のため他者とトゥギャザーする時の低姿勢モード
常時PTな人はその感覚がデフォルトになっているだけに過ぎない。
嫌なものは嫌でいいんだぜ?ただしご利用は計画的に。


ひどい出血だ

さて何だっけ
そうウェブマネーのイベントクエストの話。
期間中ウェブマネーで1400円以上使用
つまり30・60・90期間とある課金のどれを行っても対象となる。
ほぼ課金してないと遊べないMHFにおいては
課金方法としてウェブマネーを選択するだけでいいという随分条件のぬるいものだ。


楽にしてあげなきゃ

内容もドスゲネポス・ゲネポス5匹討伐というぬるいものだ。


なかなかのやられ役スキルとみた

ただ長期的に見たら今はまだ不安定期
臨時メンテにメンテ延長
先日通常メンテの時間も当初より延長されるという正に延長ラッシュ。
どうせメンテ時間分課金期間が延びるなんてことないんだし
色々と損に違いない。


グラサンの大尉もきっと満足の出来です

それでも尚冷静さなんて二の次で狩りへと誘うのがモンスターハンターである。
全く名作の力に救われたねカプコン。

さてこのフェアネスなるガンランス
下位で見ると相当強い。
砲撃の要であるゲージも良好
攻撃力も上々な上会心までついている。


なんという勇姿

さっそく大暴れと思ったら最初のSSがこれだったc⌒っ.д.)っ


転倒なら任せておけ

気を取り直して、
火属性が弱点のフルフルなどは相当竜撃砲が効く
かなりの割合で転倒するほど。


転倒なら(ryパート2

転ぶ


ぱーと3

転ぶ。

いやはやイベントに釣られた無駄遣い的ルートでもないのにこんな完璧ガンスを頂いちゃってすみませんねげへへ。


アッー!

よく見ない方がきっと幸せ。









お礼絵MHバージョンの製作
典型的ありがとう絵という発想だから浮かばなかった
MHらしさというものを考えてライブ感を重視したところあっという間に構図が降りてきた。
裸まではぱぱっと出来たものの
絵描き泣かせと評判高いMHの装備がそれを阻む。
ハンター大全2を持ち出し描き描き
サイズ小さすぎだったから大全1を持ち出し描き描き。

無印資料である大全1を眺めていたら当時のことを思い出した。
仲間達のことを。
あの人のあの振る舞いは流石だよなぁとか
場を考えつつも時折見せる寒いギャグがポイント高いなぁとか
ぱっと見自己中だけど絶対に人を傷つけるようなこと言わない人だったよなぁとか。
みんなのことが大好きだったと分かった。
マビの時もブログ立ち上げるちょっと前まではそれなりにギルド限定とはいえ、更にギルチャ限定だが付き合いがあった。
みんないい人だと思った。でもそれだけだった。
そりゃ三回原爆落ちても大丈夫♪ばりのシェルターの中に篭もってたら人を好きにもなれないよな。

思うにMHの無印時代は
ドスやフロンティアと比べたら殺風景で目新しさの無い世界だった。
それだけにその時々の繋がりが重視され
仲間に会いに行くという感覚で続けていた。
ユーザーの希望を取り入れたという形で消費的要素のボリューム増加と一直線では上れないようにする誤魔化しが足し算されていき
ユーザー層もそれに合わせるように消費要素を消化し即引退というものが増えたと思う。
狩りの楽しみなんてまるで存在しないかのように
獲得できる通貨・素材だけでクエストを決める人が多く
新規フレンドは結局続編では一人も出来ていない。

マビは
MHベースの自分には色々とぬるすぎてダンジョンにPTで行くとかはまるでしなかった。
実際多タゲの無いDではソロの方が色々とうまかったりするから困る。
なんだこのゲーム人と関わる必然性が見えてこない
そんな風に既に形成されていた殻を強固にしていく作業だった。
最近のアップデート傾向は格差社会の格差を広げるようなものばかり
数少ない新規衣装のほとんどが課金アイテムのクジ限定でしかも1%未満とも思える確立であったり
新実装のダンジョンは高累計プレイヤーへの対応であったり
色々と格差。
でもその格差は気の持ちようで取り払うことが出来る。
ただ付き合いの中で意識せざるを得ないという場面も想像できる。
同じようなステータス・同じ目線の仲間と七転八倒しながらというシナリオを夢見て勝手に砕かれた気でいるのが私だが
果たして正式サービス開始後数ヶ月以上経ったタイミングでそういうファンタジーライフを送れた人はどのくらいいるんだろうかとかはちょっとだけ気になる。


狩りの時間という他には無いと思われる楽しみがあるMH
ファンタジーライフの可能性という(ryなマビ
どちらも~なはずなのにと思う場面が多いのは
きっと私の仕様デス。
Secret

TrackBackURL
→http://manayahonpo.blog48.fc2.com/tb.php/585-11833a19