最後の仕込み中

2月29日21時よりタルラークサーバー8CHにて行われた第3回ブロガーの集いに参加してきました
開演15分前くらいに到着しチャンネル移動で8CHへ
演奏会レポートなんかのイメージで勝手にもの凄い人だかりを思い描いていましたが
実際はそれほどではなかった感じです。
これは誤算でした
僅かな時間を利用してネタに使えるものがないかとエレノア商店を物色中


と見せかけた迷いの構図

というのは真っ赤な嘘でちらほら見える某有名人(複数)の前を通って着席するという
弱小ソロブログの私無勢が?まさか!でも…!
みたいな葛藤でした。
が、実際には入り口は3つあったんですね。
もちろん入ってみるまでは気づきませんでしたが何か。
そして何を隠そうマウスを操作する手の震えは会場に入った瞬間から始まっていた!
まさかこの私が臆しているというのか!
これがプレッシャーというやつなのだな・・・



今思えばこのポジションは罠だったんだよ!!1

途中気づいたんですが
今回はアピールするブロガーは向かって右側の階段前に並び先着順という形式だったので
この位置取りの時点で難易度MAXです。
一度決めた席を移動するのも反則がちにアナウンス前に並んじゃうのも
真っ向勝負という感じじゃないから好きじゃない。
他の人がどうとかは全然どうでもよく
マビでの行動全てがロールプレイである真奈屋としては士道に反する。
ということで前半戦は様子見に徹し実戦の中で攻略法を練りました。


まともに操作できる気がしないから外野に徹したぞ!

途中何度も心が折れそうになりました。
しかしここまで来てただ逃げ帰って何になる
まだ何のネタも出来て無いじゃないか!!1
習慣の自問自答によりこのイベントが終了するまでは決してこの場から逃げないという事を決めました。
何という碇シンジ…!


戦士控え室

気が気じゃないまま進行具合に目を光らせ
全サーバー対象のブロガーさんいらっしゃーいの募集を見切り速攻ダッシュ
エルフで来れば良かったなんて泣き言は言わない
確実に最短距離且つ舞台を踏まずに推定最後尾に滑り込みました。


ぶっちゃけここに並んでからは他の人のアピールとか全然頭に入ってないぞ!

ここまで来るともう落ち着いたもので
日本語入力がオンになっているかの最終チェックや回答コピペの確認やらを淡々とこなします。
もちろん自分の番が来るまでのことは完全な空白です。


ある種の覚悟は出来ていました

憧れ続けた夢の舞台へ・・・
色々考えた結果すべるのも覚悟・地でいくことにしました。
この期に及んで猫かぶりなど武士の名折れというものです。


もうすぐ2年だというのに初めて外へ向けてどこやわを発信した瞬間でした

大丈夫、思考はクリアだ
やれる、やってやる…!

!?


次回からはネタで言ってるように伝わるよう工夫しなければ

思考のクリアさとは裏腹に再び手が振るえる
まさかコピペ作業さえ危ういほどの事態が存在したなんて。
頭は落ち着いてたんでこれすらネタにしようと試みるもふつーに心配されて撃沈
もう震えは気合いで押さえるしか!
何の根拠もなく大丈夫宣言。

そういえばここで関西の人ですか?と聞かれたんだけど
哀しいかなバリバリ関東の人。
でも無印MH時代のフレンドは大阪に京都に奈良に名古屋
みんな関西人ばっかりだったんだよね。
もしかして真奈屋は関西な波長なのかもしれんね。
ん、名古屋?まあいいか。


この流れならどんな目が出ても乗り切れる気がする…!

サイコロトーク
大丈夫、ここに来るまでに大体のお題についてシミュレーションはしてある…!


勝手にハードル上げてこけるのもひとつのネタのカタチ

と思ったら最後に残ってた目がキタコレ
しかしこの時の私は俗に言うハイパーモードとかスーパー○イヤ人とかそういう状態にいたのでまるで臆することなく一言目を出した。
が、その後のつたなさに度胸だけの思いつきを口走っただけな様が見て取れますね。


ちなみに真奈屋で検索しても同じような結果になります

念願の1年くらい機会をうかがっていたセリフを最高の舞台で使用したぞ!


こんなことならグラボを新調しておけば良かった

そして最後の撮影会
舞台の照明が点いてしまい低スペックグラフィックだと見苦しくなってしまうのが悔やまれますね。


ファッションのかぶらなさに都会(鯖)を感じる

いかがでしたか?
自分の発表タイム以外はスッカスカのレポートでしたね^^
SSも記憶も実際そんな感じなので真奈屋にとっての真実をお伝えできたんじゃないかと思います。


そもそも盛を知り尽くしてもいないくせにというのはごもっとも

あと一番の見せ場だったアドリブ部分ですが
あまりの陶酔ぶりにSSが無く
着席後ログチェックをしても消えている始末。
逆に言えばそれくらいに合いの手が沸く盛り上がりだったんじゃないですかね!

以下うろ覚え真奈屋語録
(ブログの主な題材の質問に対して「ネタ風味のプレイ日記など書いております」と答えた後)
「自虐とか自虐とか後は」
「自虐なんかも豊富に取りそろえております」

「なんというM」(合いの手)

頂きましたMの称号
今後はMの人と呼ばれるようになるんでしょうか
「まなやのMですから^^;」とかキャッキャウフフなんでしょうか
シンプルに変態でも大いに結構なんですが
印象が薄いことに比べたらニックネームの存在の何とありがたい事か(ネタ的な意味で

発表が一部の方にはツボったようで何よりでした
逆に言えば他の多くの方は退いていたに違いない
それでも尚極一部のお友達の為にも我を貫く所存であります。


要所要所で訪れる心拍数増加・手の震え
それでありながら淡白な回答に対しもう少し拡げにかかる進行様の傾向を予測し予め席で考えていたアドリブ
あの夜、エリンに新たなダークヒーローが誕生しました
いや言い過ぎか、悪の怪人くらいなら・・・
戦闘員でもいいんで何とぞ悪の方向で!
これで良いのかは他ならぬ私が一番知りたい疑問です。イーッ!

*一部特異な高揚感に関する表現は背景色に溶け込ませましたが溢れ出たそれが暴走し結局無意味なラストになったことはご了承下さい。

口グセみたいなものをあえて用意しておくと私無勢でも何とか会話の流れが成り立つものですね
ということでスペシャルサンクス梨本勝氏。恐縮です!
Secret

TrackBackURL
→http://manayahonpo.blog48.fc2.com/tb.php/705-24009528