今はただ…

夜が明けまた日は昇る今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
自重する必要がない人種としてはこういう時頑張らないと(挨拶
演奏会
楽しい時間が約束されたステージ
そこでは全てがファンタジー
そう思っていた時期が(ry





このホラーに慣れたら終わりだと思っている

どうもお久しぶり
それとも初めまして
或いは初めまして
真奈屋です。
昨晩の鳥での演奏会
まさかの妨害者現るに対し場所をペッカD内に移し行うという予想GUYの展開
当日作った垢・キャラの分際で2人乗りダチョウを所持しているという異端中の異端真奈屋
これは誰かを、主にお嬢さんを相乗りさせるべきですね、分かります(タクシー的な意味で



さよなら私の初ペッカ

まあ、1人でダチョウを走らせたよ・・・・・



ここがAFK時ですね、分かります

AFKマスターの真奈屋としては
場所移動完了間際~演奏再開までのタイミングを利用して今日の業を成し終えに行ったよ。



チガタ\(^o^)/

AFKマスターへの道のりは遥かに遠い
妨害者がさっそく紛れ込んでみんな再移動、運営サイド様を除くと限りなく最後の1人に近い状態でぽつーんしてました。





まず公演場での妨害に関して
今までほぼ全ての鯖の演奏会を見に行ったが
KYな困ったちゃんを除きここまで悪意ありきな妨害は見たことがない。
ただそれは本来ペッカ内に移動した時点で終わるはずであった。
そう、ペッカには4人以上のPTでなければ入場出来ないのだ。私も昨日知った。
問題はこの先
本来4アカウント同時操作でもなければ絶対に追って来れないのだが
やっかいなことに協力者がいてその障害は皆無、
運営サイドが作ったPTに参加者が入りD内に送迎
リーダーが抜けてまた外で参加者を~ループで犯人達にドロップアイテムを知らせることなく入場という対処が取られた。
しかしそれも完全ではなく
2回目の移動後も妨害者は乱入に成功し、以後は各自のスルースキルに任せつつ再開となった。
そう、急場で用意出来る入場アイテムなど限られている
何故なら超大人数を送迎するので相当数ないといけない=必然的に入手が容易なアイテムとなってしまうからだ。

さてここでいつもの勝手な予想を展開する。
トリアナサーバー
「またトリアナか」で有名。評判が悪い。
だがそれは偏見だ。良い人もたくさんいる。
そして現実は両方だった。
第一に妨害者の主犯
予想では他鯖住人の出張キャラ
つまりやりたい放題、本キャラを探られようが同鯖(今回鳥)に存在しないから痛くもかゆくもない。
ここまでなら他の鯖でも起こりうるのだが今まではそれに遭遇したことがない。

問題なのは第二の協力者
見た感じふつーに本キャラな出で立ちでどこぞのギルマスやギルメンやFA掲示板で暴れたことのある問題児やら。
つまり悪事を悪事とも思わず日常的に行う下地のあるプレイヤーの存在だ。
エリンにはそういった人が全くいない訳ではない
ただ続かない、誰にも認められることなくたった1人で生きていけるほど彼らは強くはない。それが強さかはさておき。
だがここはトリアナ
新鯖祭りの折真奈屋もここで初心者気分を味わいに結構な期間居た。
そこで強烈なトラウマ
釣り放置中のくれくれ発言及びよこせ的キレ気味発言のログに遭遇。
あの時期かなりそういう人種も多かった
残念なことに新鯖ということで新規さんが集中しすぎて本来生き抜けないはずの彼らが独自のコミュニティーを形成していったようだ。

自分は周りからどんな風に見られているか
これを考えない人はまるでオフゲのような感覚で感情のままに行動しているのだろうか
そして似たもの同士互いに話半分に笑いあいなまぬるくあるのだろうか。
それを考えすぎて行動を起こさない私が言うのもアレだが。
自分がやられて嫌なことは他人にもしてはいけない、何故それが分からないんだ
某ゲームのドラマCDだかの台詞を思い出す。
そもそも本当の意味でマビノギを楽しんでいない彼らにとって
やられて嫌なことなんてないのかもしれないけどね。



スルースキルが数字ランクな訳でもなく
かといって逃げ出さない真奈屋は
今回も深い傷を負いました。
私が一番傷つくのはマビノギをまるで愛していない人と遭うこと
現役時代もどんどん増えていくギルメンからそういう片鱗が見えた気がして脱退したり
またマビのことが大好きな人ほど少し周りから浮いてしまうことに悲しんでいました。
ただ傷つけられるのも(心ない)人間から
癒されるのも人間から
移動待ちの際に場つなぎとして急遽演奏をしてくれた演奏家さん
その心配り、プロ精神に涙が流れそうになった。
打ち合わせがあったわけでもないだろうにそれまでの交流から(と推測する)急遽誘導役などを行う他鯖ユーザーさん達
嫌なものを見せられたからもう来ないのでは後者の方々の苦労が救われない
嫌なものなんてなかったと自分を騙して過ごすのでは後者の方々への感謝を忘れてしまう
私は両方全部丸ごと受け止めて
血をドバドバ流してでも、傷は癒えて傷痕だけ増えていっても、明日には、その次の明日にはより素晴らしいものがあるのだと信じて行きたい。

以上、ネトゲとはユーザーによって作られていくものだと怖いほど思い知らされた日でしたとさ。
前半の批判とかはさ
なまじコメントイパーイ付くような大手さんとこだと扱えないじゃない
たまに公式リンクから辿り着いた先で信者(^^;)率いてる所とか見るとアイタタタタって思う。
影響力・カリスマが発動しているようなブロガーさんはぐっと堪えて三行半くらいに抑えないといけないと思う。マジご苦労様です。
こんな時は私の出番ですよ!
ほらコメントとか超絶付かないし。









ということで再開しましたねどこやわ
結局私の茶番に付き合ってくれる酔狂な方は現れませんでしたが
現れるまで1生続けるつもりだったんですが
今回そんなことより普通に公開したい衝動に駆られてちゃぶ台返し返しみたいな。
さて近況というか
盛ではモリモリ活動
などまるでしていなく、エルフが12歳になってから育てようと絶賛放置中
昨日鳥演奏会ということで
全鯖プレミアムキャラ作成という異形を成し遂げました。
しかも全鯖別マビ垢、全鯖ペット1匹以上完備という。
イベントつっても観客的以上の参加なんかしないっていうのに一体何がしたいんでしょうね。
分かった人は私にも教えてください。
さて来週は樽にて演奏会
これに参加すると全鯖の演奏会参加を果たすことになります、どうでもいいですね。
更に来る27日(金)にはブロガーの集いinモリアンだそうですね
これは外せないというか!
今から準備してもま・に・あ・わ・な・い・ぜ・!
とかみなぎりすぎ自重しつつ虎視眈々と一点を見つめつつ
世界樹なりSO1なりに勤しむんだと思います。センキュー
Secret

TrackBackURL
→http://manayahonpo.blog48.fc2.com/tb.php/811-6c015b86